千葉 素掘りトンネル 奥米隧道(奥米トンネル) では本日最後の訪問地、奥米隧道(奥米トンネル)です。 住所: 千葉県君津市奥米 千葉県君津市 正木391-1. 千葉県君津市にある三島ダムに異様な雰囲気を持っているという噂のあるトンネルがある。 トンネルの名前は「奥米トンネル」という。 霊的な噂はあまり聞かないが、夜間のトンネル内の雰囲気が怖いという理由からか、心霊スポットとして地元では名の知れた場所らしい。 ただ、雰囲気が怖 こちらもこの名前ではマップで検索しても出てきませんでした。 奥米隧道と奥米台隧道旧道 (千葉県)1/2/3 君津市南部 三島ダム近くに存在する奥米隧道はその独特な雰囲気と比較的アクセスしやすい立地から、数ある房総の隧道の中でも良く知られた存在である。 フォートラベル「房総の素掘りトンネルと小湊鐵道の里山風景 2017冬(千葉)」・・・月崎駅からスタートし、線路に電車、そして素掘りトンネル、里山風景などを追いながらの散策レポート。コースも参考になる。 動画 永昌寺トンネル─バイク(50秒) 訪問レポート. 県道172 ネット情報は多いが、ガイドブックにもあまり書かれてないのがここ、奥米渓谷である。 秘境といっても探検ではない。といって観光地とも言いがたい。 古いロードマップには「紅葉マーク」が付いてるから、昔は養老渓谷並みに有名だったのかも? 家族連れで登る人もいるが、有名な「開墾 橋の先に隧道が控えている。千葉の隧道好きに有名な奥米隧道だ。 北側坑口。 北側の扁額。「 米隧道/昭和三十年三月竣功」 一部剥がれているが、奥米隧道となっていたことは間違いない。しかし、この隧道の現在の名前は奥米1号隧道だ。さてなぜか? 奥米トンネル。心霊スポットとして有名らしい。なんでも一つだったのが二つに分断されているとか…。中に入ると洞窟みたいな造り。だいぶ古いんでしょうかね。すぐに外に出てもう一つのトンネルへ。こちらも洞窟にコンクリート舗装してあるような感じ。