南海電鉄・地下鉄連絡運賃 南海電鉄との連絡運賃. 普通乗車券(PiTaPa、ICOCA等ICカードを含みます) により、当社線と南海電鉄とを乗り継いでご利用頂いたお客さまには、乗継割引運賃(泉北・南海分の普通運賃から双方50円ずつ合計100円を差し引いた運賃) を適用しております。 PiTaPaを含む全国の交通系ICカード全てについて、阪堺電車と南海バスとの乗り継ぎ割引サービスをご利用いただけます。 阪堺電車を降車後、南海バスに乗車し2時間以内に降車(先払い方式のバスは乗車時)した場合、大人50円、小児20円の割引が適用されます。

PiTaPaカードに定期券機能を搭載するサービスです。従来の磁気定期券とは異なり、改札機にタッチするだけで定期券としてご利用いただけます。阪急電鉄、南海電鉄、阪神電車、北大阪急行などが導入し …

PiTaPaならこれまでの乗車割引に加えて利用額割引が適用されます。 (※) 月6回以上ご利用の場合上記以外に北神急行、神戸市営地下鉄をご利用になられますとその実績によりそれぞれの割引額を適用し … ※南海電鉄が発行する場合に限ります。(泉北高速鉄道各駅相互間の定期券を除く) ※ 連絡定期券でも、他社線分を含むご利用金額でミナピタポイントがたまります。 PiTaPa定期サービスなら紛失・盗難時に定期券の再発行が可能なので安心! ※PiTaPa決済による定期券の代金は、当月のPiTaPaポストペイサービス(後払い)ご利用額と合算してご指定の金融機関口座からお引き落しいたします。(現金その他での購入も可能です) ※同一交通機関内でPiTaPa定期サービスと区間指定割引は併用できません。 山陽電車では、PiTaPaをご利用のお客さまに対して、乗車回数に応じて、料金が割引になる利用回数割引を行っています。 1ヶ月(1日~月末日)の間で、同一運賃区間を11回以上ご乗車いただきますと、11回目以降の運賃が、その月の間に限り、自動的に10%割引になります。