厚塗りの描き方を教えてください。 SAIで厚塗りをしたいのですが、レイヤーは何枚も使うのではなく1枚で描いたほうが良いのですか?もし宜しければ、初心者でも分かりやすい厚塗りの講座のサイトも紹介して頂きたいです。 厚塗りは1つのレイヤーにガシガシ描いていく手法ですが、 ライティング塗りは厚塗りを要素ごとに分解して絵を作るイメージ をしてもらうと分かりやすいと思います。 手法としてはアニメ塗りの要素を分けて描くプロセスを厚塗りでやってるのに近いかも。

pixiv百科事典の定義に従い、タイトルの一部を変更しました。 でも厚塗り系は逆にレイヤーを増やすと描き辛いので少な目で描かれる方が多いですね。大作になるほどレイヤーの数が多くなるのが普通だと思います。 では、レイヤーを多く作って細かく分けるとどうなるか、メリット、デメリットを挙げていきます。

レイヤーは、パーツや目的ごとに管理しよう!イラストレーターでチラシ等を作成していくと、レイヤーが10個、20個・・・と、どんどん大きくなっていきます。作品を完成したものの、そこから修正が入った場合、レイヤーがバラバラで良く分からないレイヤー

御存知の通りmsペイントはレイヤー機能なし=レイヤー1枚でございます。 でもほかのソフトはペンが滲んじゃうからレイヤー1枚は無理、なのかな…? 油絵の具を厚く塗り重ねたような、重厚感のある塗り方が「厚塗り」です。 「線画が目立たない」「レイヤーを分けない」「筆跡を残す」など思われがちですが、実は明確な決まりはありません。透明感のある塗りや、荒々しい筆跡を残す塗り、滑らかに仕上げる塗りなど様々です。 厚塗りとは、厚塗りのやり方、厚塗りの講座、グリザイユ画法などについてのまとめページ。ブラシの設定、saiやクリスタ,アズペインター,アイビスでの厚塗りの方法。髪の厚塗り、目の厚塗り、油絵、上手い人、うまく描く方法。筆の設定や色選び、仕上げ、影や光、テクニックなど満載。 厚塗りの場合はカラーのレイヤーが少ないので、色を編集しやすくなります。 デメリット1:色がくすみやすい カラーごとに影色を設定しなくていいので、レイヤー数が少なくなり、管理しやすくなります。 メリット5:編集・修正しやすい.