双極性障害にかかって休んでいるとき、不安に思うのが再就職・復職などの社会復帰のことです。 病気にかかった人の社会復帰というのは、早くすれば良いというものではなく、適切なときに適切な負荷をかけていく必要があります。 ここで・・・

双極性障害や精神疾患などのうつ病の場合、一番回復できる方法は会社を休職する事です。しかし、休職と言えど休職した後どうなるのかわからなければ休職後に同じことを繰り返すことになります。私の体験談から休職で成功したこと失敗したことを体験談をもとに記します。

双極性障害(躁うつ病)は、気分が高揚する「躁」と気分が落ちこむ「うつ」を繰り返す病気です。何らかの脳の機能的な異常があると考えられていますが、その原因ははっきりとは分かっていません。双極性障害は、遺伝の影響が強いと考えられています。 復職を考える目安としては、 朝、無理なく起きられる。 昼寝をせずにずっと起きていられる。 食事・睡眠がきちん …

復職のタイミング.

鬱病・躁鬱病(双極性障害)に関する経過メモです。躁転→鬱を繰り返して2010年に半年休職した後、復職。リーマスも断薬。→断薬していたら再度鬱になってしまいました。→結局リーマスを再開して落ち …

焦らず、自分のベストな復職時期を見極めましょう。 復職の最低条件. 今回のコラムで、私の担当分は最後。次回が本当の最終回ですが、その記事は私とは別の視点でお届けしたいと思います。 これまでもコラムを書く時、双極性障害特有の気分の波について合わせてお伝えしてきましたが、当初の予測通り、掲載期間にも上下の波がありました。 うつ病、双極性障害の苦しみは経験していない人にはわかりにくいもの。この記事ではその苦しみを理解したい人、理解して欲しい人の溝が少しでも埋まるように、身近な例で症状の一例を解説しています。