個人のプライバシーに関する情報をネット掲示板やホームページ、電子メールなどで不特定多数の人に流すと名誉毀損罪または侮辱罪が成立します。 名誉毀損罪及び侮辱罪が適用になるネット誹謗中傷事例. 「名誉毀損」という言葉は社会に広く浸透しておりますが、裁判で「名誉毀損」として多額の損害賠償が認められることはごく限定的ともいえます。 そこでどんなことが「名誉毀損」として認められているのか、判例をもとにまとめてみました。 ネット上に名誉既毀損記事を掲載した者への刑事告訴、刑事罰を確定させた成功事例について。事件の概要説明をはじめ、解決における弁護士が取り組んだ課題解説、具体的な解決結果などを担当弁護士の見解などをふまえて咲くやこの花法律事務所の渕山弁護士が解説しています。 ネット上の誹謗中傷が名誉毀損に問われる条件や事例をお伝えした上で、名誉毀損に該当した場合にどのような対処ができるのか、ということを具体的にご紹介します。一刻も早くネット上から書き込みを削除したい方や、損害賠償請求を検討している方などは参考にしてみてください。 ツイッターなどのsns、2ちゃんねるなどの匿名刑事板での名誉毀損が多くなっています。現代では名誉毀損は決して他人事ではありません。この記事ではネット上での名誉毀損、公務員や芸能人の名誉毀損の他に、『名誉毀損罪』に関する、刑事事件の判例も紹介します。 ネット誹謗中傷による名誉毀損事件の判例をご紹介します。被害者の請求が認められたケースだけでなく、請求が棄却される事例、名誉毀損が成立する要件なども解説していますので、ネット誹謗中傷被害にお悩みの場合は、参考にしてみてください。