国立科学博物館 地球館3f展示室「大地を駆ける生命」は、多くの哺乳類の剥製が立ち並ぶ人気の展示。 その剥製の大半はハワイの実業家、故ワトソンT.ヨシモト氏(1909~2004)より寄贈された約400点の「ヨシモトコレクション」の一部だという。 国立科学博物館 上野恩賜公園内にある、自然と科学にまつわる様々な展示がある博物館。 地球上の自然や科学について学べる「地球館」と、日本列島の成り立ちや日本の生物について学べる「日本館」の2つから成り立っています。 東京上野の国立科学博物館は「日本列島の素顔」や「日本列島の生い立ち」などが展示される日本館と「地球の多様な生き物たち」や「科学と技術の歩み」などが展示される、地球館の2つの展示館が有ります。通称、科博館は約9ヶ月の改修を終え2015年7月にリニューアルオープンしました。 2階~科学技術とか~ 科学技術のフロア。 波を観察する装置など、体験系展示物が若干あるが、派手な動きや演出を好む幼児向きではない。 3階~大量の動物のはく製・大地を駆ける生命~ 個人的に国立科学博物館最大の見どころは3階 と言いたい 国立科学博物館 [地球館]の内観 「地球生命史と人類」、というのが、地球館の展示テーマ です。 地球の多様な生き物が、お互いに深く関わりあって生きている姿、地球環境の変動の中で、生命が誕生と絶滅を繰り返しながら進化してきた道のり、そして、人類の知恵の歴史が展示されています。 科学博物館地球館#8大地を駆ける生命 地球館3Fは「大地を駆ける生命」と題して、凄い数の動物の剥製が展示されていました。 まず、「進化の頂点・野生大型獣」「絶滅の淵で」右から2番目は、絶滅した日本オオカミ。 国立科学博物館(東京・上野)にて、夜間開館入場者限定で非売品の「オリジナルカレンダー」をプレゼントするTwitter フォロー&リツイートキャンペーンを実施している。