測定方法:作業環境測定基準第. 測定方法:環境庁告示第. 93号 【その他のアスベスト測定方法】 ・日本工業規格 大気環境中へのアスベスト飛散防止対策 「大気汚染防止法」に基づき、特定建築材料が使用されている建築物等の解体、改造、補修作業を行う際には、事前に都道府県等に届出を行い、石綿飛散防止対策(作業基準の遵守)が義務づけられます。 アスベスト基準値一覧: 大気汚染防止法 (OK) 特定粉じん発生施設の敷地境界 基準は、環境大臣が定める測定法により測定された大気中の石綿の濃度が一リットルにつき十本であることとする。: 労働安全衛生法 (OK) 石綿 管理濃度5μm以上の繊維として0.15本/cm 3 。

10条の2〈石綿濃度の測定〉 ・大気汚染防止法(環境省) →アスベスト製造工場活動並びに建築物等の解体等に伴う粉じんの排出等の規制. 石綿に関する大気汚染防止法の規制の概要 石綿(アスベスト)に係る対策としては、労働災害防止の観点からは労働安全衛生法 に基づく規制等が行われ、工場・事業場等から一般大気への飛散については大気汚染防 止法による規制等が行われている。

1989年 大気汚染防止法改正(アスベスト製品製造工場に対する規 制) 1995年 阪神淡路大震災に対応したアスベストモニタリング調査 1996年 大気汚染防止法改正(吹付け石綿使用建築物の解体等の規 資 …