宇都宮市大谷町にある「大谷石採石場跡」に関する歴史などを紹介する資料館。約2万平方メートルにも及ぶ「巨大地下空間」で、深さは30〜60mもあり坑内の平均気温は8℃前後となり真夏でもヒンヤリ。一般展示の他、ドラマ・cmなどの撮影にも多く利用されています。 【映画パンフレットの46番館】第332号・映画パンフレット入荷速報: 3月30日 【映画パンフレットの46番館】第331号・映画パンフレット入荷速報: 8月30日 【『火』『土』『日』『祝日』は定休日となっておりますのでご了承下さい】 9月29日 大谷石の採掘の歴史が分かる資料館で、なかでも、地下の採掘場跡は必見です。 広さ約2万平方メートル、平均地下30メートル、最も深いところが60メートルという巨大空間に、平均温度は8度前後でひんやりとしており、その迫力と幻想的な雰囲気に唖然としてしまいます。 大谷寺は大谷資料館から徒歩5分の距離にある、日本最古の石仏『大谷観音』を有する寺院です。本記事では大谷寺に実際に訪れた私が、写真交えながら紹介しています。洞窟に覆われた寺院はとてもフォトジェニック。栃木観光の際の参考にしてみてください。 大谷資料館.

大谷資料館の予約ならじゃらん遊び・体験予約 営業期間:開館時間:4月~11月までは、9:00~17:00 (最終入館 16:30) / 12月~3月までは、9:30~16:30(最終入館16:00) ※4月~11月:無休、交通アクセス:(1 大谷資料館は宇都宮駅からバスで約30分、大谷資料館バス停で下車します。 バス停の前は駐車場です。 この日は11時くらいにつきました。駐車場はまだ全然余裕がありますが、13時くらいになるとそこそこ埋まってましたね。 栃木県宇都宮市の特産である大谷石は、2000万年に海底火山の爆発によってできた凝灰岩の一種。旧帝国ホテルの建材として使われたことでも有名です。大正8年から採石を始めたカネイリヤマ採石場の跡地の巨大な地下空間を活かした博物館が、大谷資料館です。 「大谷資料館(おおやしりょうかん)」は、かつて石の採掘場であった場所を利用して建てられた資料館です。古代神殿のような神秘的な雰囲気で、『勇者ヨシヒコ』などの人気ドラマの撮影や映画のロケ地としても知られ 大谷資料館.