『花宵道中』(はなよいどうちゅう)は、宮木あや子による日本の小説作品。第5回(2006年)R-18文学賞受賞作。2009年より斉木久美子作画で『女性セブン』(小学館)で漫画化された。 江戸吉原の小見世・山田屋が舞台。5部構成 首の後ろがしびれる!首や脳の病気ではない筋肉のしびれとは?上を向くと首が痛い原因は?首こりで気持ち悪い!吐き気や頭痛を和らげるストレートネック改善法 肩こりで後頭部、首の付け根が痛い!緊張型頭痛解消ストレッチ4選 肩甲骨を 『式子内親王集』と勅撰集を中心に、百首を抜萃した。歌の末尾に付した( )内は出典とした歌集を示す。アラビア数字は新編国歌大観番号である(勅撰集の場合のみ提示)。出典を記していない歌はすべて『式子内親王集』を出典とする。 【夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月宿るらむ】小倉百人一首から、清原深養父の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について解説しました。また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。 部首くび(首)の漢字を一覧で表示しています。 コンテンツは著作権で保護されています。引用の範囲内に限り転載可能です。 お気づきの点がございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。 次は巻十冬の相聞の部から一首。 我が宿に咲きたる梅を月夜よみ宵々見せむ君をこそ待て(2349) 我が家に咲いている梅の花を、月夜が明るい宵ごとにお見せしましょう、あなたをお待ちしています、という趣旨。女が梅の花にことよせ