確定申告書A:障害者控除の書き方・記入例. 受給者本人の令和2年中の合計所得の見積額が900万円以下かつ、令和2年分扶養親族等申告書の「配偶者区分」において、記載された年金収入以下であるとして〇をつけていただいた方または、0~48万円以下の所得見積金額を記入いただいた方で、昭和26年1月1日以前に生まれた配偶者が該当します。 障がいのある方、いわば所得税法上の「障害者」に該当する方は、確定申告において、さまざまな障害者控除を受けられる仕組みになっています。特例には、障害者本人が受けるもの、障害者を扶養している者が受けるもの、障害者を雇用している者が受けるものなどがあります。 年金受給者の皆さんの申告手続の負担を減らすため、公的年金等に係る「確定申告不要制度」が設けられています。これにより、公的年金等による収入が400万円以下で一定の要件を満たす場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告を行う必要がありません。 年金受給者になった場合、所得税の計算はどのようにすればよいのかご存知でしょうか。年金受給者は確定申告が必要なのか、もし確定申告が必要であれば、どのような控除が受けられるのか、わかりやすく解説していきます。 医療費控除は、確定申告をする年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象となります。自分以外にも生計を同一にする家族の分もまとめて申告が可能 … 医療費控除は家族の分もまとめて申告可能. (注2) 公的年金等以外の所得金額が20万円以下で確定申告の必要がない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。 (注3) 平成27年分以後は、源泉徴収の対象とされない1の(3)に該当する公的年金等を受給している方は、公的年金等に係る確定申告不要制度の適用はできません。

年末調整を受けていない途中退職者や年金生活者の方用に、確定申告書aでの障害者控除の書き方・記入例をご紹介いたします。 第一表の書き方・記入例. 受給者本人の令和2年中の合計所得の見積額が900万円以下かつ、令和2年分扶養親族等申告書の「配偶者区分」において、記載された年金収入以下であるとして〇をつけていただいた方または、0~48万円以下の所得見積金額を記入いただいた方で、昭和26年1月1日以前に生まれた配偶者が該当します。