厚生年金保険料は扶養家族の分まで払うのか、厚生年金加入者の配偶者は年金をいくらもらえるのか、厚生年金保険の仕組みや扶養家族の考え方をまとめました。健康保険・国民年金・厚生年金の社会保険制度ごとに異なる扶養家族の取扱いや保険料の仕組みについても解説します。 パートで配偶者が働く場合、扶養内の収入に抑えておくと年金など社会保険料や税金を払わなくてよいといわれています。扶養に入れる収入っていくらまで?扶養に入ると、将来の年金はもらえるの?扶養と収入、税金や公的年金のしくみを解説します。 年金受給者が扶養控除の対象となるには以下の要件を全て満たさなければなりません。 その親族の合計所得金額が38万円以下であること; 本人と生計を一にしている親族であること; 他の扶養親族になっていないこと 親を所得税の扶養に入れて扶養控除を受けたいけれど、親が年金を貰っている場合には、扶養に入ることができるのでしょうか。所得税の扶養における年金受給者の取り扱いについて、具体的な金額でわかりやすく解説します。 扶養控除の対象となる条件.