「ご迷惑をおかけして、申し訳ありません」などのフレーズと共に、こちらもよく聞いたり使ったりする言い回しです。 しかし、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という言い回しは、失礼にあたるという見解もあります。 何度もすみません。 *keepを使うことで、連続して繰り返している感がでる。特に2回以上繰り返している場合。 何度も迷惑をかけてすみません。 Sorry to bother you again. 例)重ね重ねご迷惑をおかけしますが、 ご対応をお願いいたします。 何回も相手に面倒をかける、というときは 「何度もお手を煩わせて」 というフレーズを用いるとよいでしょう。 例)何度もお手を煩わせまして、申し訳ございません。 英語のメールでは「申し訳ありませんが」「ご迷惑をおかけしますが」などの断りの表現を日本語のメールほど多用しません。 しかし、実際に相手に迷惑や手間をかけた場合には具体的に何に対してお詫びであるかを述べ、断りの表現を使う必要があります。 「重ね重ね御礼申し上げます」など、重ね重ねと言うフレーズは聞いたことがある人の方が多いと思います。重ね重ねは、お礼やお詫びなど色々なシーンで役に立つ言葉です。ビジネスメールで相手に失礼のないよう、今回の記事で予習しておきましょう。 お手数をお掛けして誠に申し訳ございません。 I'm sorry to bother you when you are busy. botherは「迷惑をかける」という意味で使われます。 (2) I'm sorry for taking up so much of your time. 何度もすみません。 Sorry to keep bothering you. ビジネスシーンでたびたびよく見かける「度々すみません」という言葉。よく見聞きする言葉ですが、正しい意味は知られていない?度々すみませんの意味と正しい使い方とは?ビジネスメールや電話での正しい使い方とは?今回は「度々すみません」という言葉についてみていきましょう 忙しい所、邪魔してごめんなさい。 [ads2] ご迷惑をお掛けして申し訳ありません(ごめんなさい) I'm very sorry to cause you inconvenience. 度々すみませんが、といった表現もその一つと言えます。ビジネスでは繰り返し何かを頼んだり、さっき頼んだばかりなのにまた用事を頼んだり、お願いしたりする必要が出てくることはよくあります。ひたすらplease~で「~してください」というのも相手によってはむっとするかもしれません。 - 場面別・シーン別英語表現辞典 「度重なる」 という言葉には、 「何度も失敗を繰り返してご迷惑をおかけして申し訳ありません」 というような意味合いが含まれていることがありますが、ビジネスで同じ失敗を起こした時は、その失敗原因を突き止めることが大切です。 お手数をおかけしてすみません (「迷惑をかけてすみません」という表現。相手の立場に関係なく使える表現【通常の表現】) 例文帳に追加. 度々すみません。 I'm sorry to bother you over and over.

物事を繰り返す際に使われる「度々」という言葉はビジネスの場でもよく耳にします。「度々」の後に続く言葉は様々あり、類語に置き換えることも可能です。「度々」の目上に対する使い方や注意点を紹介するので参考にしてください。 「度々」の意味とは 「ご迷惑」の言葉を用いて、謝意を示す文を使用する機会は少なくありません。迷惑をかけた相手へ謝罪する際に「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」という表現は正しい敬語なのでしょうか?今回は「ご迷惑」の言葉を用いた例文や意味をくわしくご紹介いたします I'm sorry to cause you trouble. 申し訳ありませんでした→度重なる失礼、本当に申し訳ございませんでした。 多大なご迷惑をおかけして、心から申し訳なく存じます。→この度は、多大なご迷惑をおかけして、心から申し訳なく、深くお詫びいたします。 すみませんでした。 (お時間を取らせてしまい、申し訳ありません) take upで「取り上げる」という意味です。あなたの大事な時間を奪ってしまって申し訳ないという気持ちを表しています。