もみじの天ぷらは、その名の通りもみじの葉を天ぷらにしたもの。葉っぱの天ぷらで代表的なものといえば、大葉の天ぷらを想像すると思いますが、もみじの天ぷらはおかず感覚では食べません。天ぷらと呼ばれているのに、おかずにならないもみじの天ぷらとは何者なのでしょうか? 「大阪で紅葉と言えばドコ?」関西人に質問をすると、かなりの高確率で「そりゃ箕面やろ!」と答えが返ってきます。そこで次に「じゃあ箕面行ったことある?」と聞くと大阪人でさえ「いつかは行きたいけど…遠いし、人が多すぎて…」と途端に消極的に。 もみじ饅頭は多くのメーカーが作っていますが、そのメーカーの1つ「紅葉堂(もみじどう)」が作っているのが「揚げもみじ」。 商標登録を紅葉堂が取得している ため、揚げもみじが食べられるのは、紅葉堂の宮島店2店舗と、広島駅にあるこの3店舗のみなんです。 揚げもみじもいろんな味がありそうですし、おそらく家で揚げたてが食べられたら、おいしさ倍増そうですよね。 そんな揚げもみじを【秘密のケンミンshow】で紹介します。 なので、揚げもみじを販売しているお店の場所や通販、作り方を調べてみました。 宮島食べ歩きグルメ第二弾!今回は「紅葉堂」の揚げもみじについてご紹介します。揚げもみじはここ数年で宮島グルメに仲間入りしたスイーツの1つです。特に変わった工程ではなく、広島の定番土産「もみじ饅頭」にてんぷら粉を付けて揚げ こんにちは!揚げもみじと言えば、もみじまんじゅうに衣をつけて揚げた超おいしい宮島名物!あの宮島でしか食べられない揚げもみじですが、なんとこのたび広島駅でも買えることができるようになったと聞いて、さっそく行ってみる事にしました!引用:紅葉堂広 『揚げもみじ』を始めたのは2001年。 ・新感覚もみじ饅頭。 ・食べ歩きによい。 ことなどから宮島の新名物グルメとして人気になった。 『揚げもみじ』は紅葉堂でしか食べれない。 揚げもみじメニュー ・揚げもみじ1本180円 ・もみじ饅頭は90円 箕面に行く機会があったので、挑戦してきました。 当日、箕面駅から歩いて5分くらいで、予約で聞いていた「宝栄堂」さんへ。 優しい笑顔のご年配夫婦のお店です。 さっそく「もみじの天ぷら」揚げに挑戦!まずはおじさんがお手本を見せてくれます。 箕面の 瀧安寺(りゅうあんじ) は、日本四弁財天の本堂として有名なことの他、日本の滝百選に選定された箕面の大滝など、観光スポットとしても、紅葉のスポットとしても見ごたえのある公園です。. 箕面名物 もみじの天ぷらは、 紅葉の箕面観光のお土産に最適な伝統的な箕面銘菓です。 良質の小麦粉に白ごまと砂糖を加えた衣を、 上質の菜種油で揚げた「もみじのてんぷら」は、 カリッと香ばしくてほんのり甘い、 しかしもみじ饅頭かどうかは、さっぱりわからないなぁ。 お店の中には休憩所があって、お茶をいただけます。 お茶をいただいて、緋毛氈の上で一休み。 「揚げもみじ」の商標登録が掲げられています。 もみじ饅頭もまぁ色々とあるんですね。 もみじの天ぷらは大阪府箕面市の伝統銘菓です 「もみじの天ぷら」を食べたことはありますか?「天ぷら」といってもおかずではありません。 本物のもみじ葉を一枚一枚丁寧に揚げた、優しい甘さと香ばしさが特徴のお菓子です。 もみじって秋の紅葉(こうよう)の時期に山々を赤く染めるあの紅葉(もみじ)です。(漢字一緒でややこしい!) そんなもみじの葉っぱを揚げたものが、箕面の滝に行けば食べられるっていうことで、行った際に食べてきました。
「もみじの天ぷら」、初めて耳にする人も多いかと思いますが、大阪府箕面市に伝わる昔ながらの伝統的なお菓子だそう。 久國紅仙堂では製法にとてもこだわっており、材料はもみじの葉・小麦粉・砂糖・ゴマだけを使った 完全無添加 。 こんにちは。三度の飯よりお菓子が好きな、DJ無音とMC無言です。海外サイトで、大阪箕面のお土産として人気の「もみじの天ぷら」が話題になりました。箕面名物、もみじの天ぷらというお菓子を買った …

箕面名物 もみじの天ぷら.