日本の最低賃金が、世界水準から比べて、安すぎるのはなぜでしょうか東京都の最低賃金は、888円なのですが、オーストラリアでさえ1500円になっています。物価や消費税の増税もあり、賃金が伸び悩む中で、東京都の最低賃金は、世界水準として最低でも1300円である必要があると思います。 「世界の最低賃金ランキング」をメインテーマに、「日本の最低賃金」が先進国で最低&アジアでトップという事実と、日本企業が海外進出した際の「最低賃金という指標」の重要性について、さらにはベースアップを続ける「東南アジア諸国の最低賃金の最新情報」についても解説します。 日本では、都道府県ごとに最低賃金が異なります。自分が住む地域や職種の最低賃金は把握しておかないと、ひょっとして安い時給で働かされている可能性があります。今でも国が定めた最低賃金を守らないような“ブラック企業”はたくさんあります。 日本の働き方改革における同一労働同一賃金(以下、日本版同一労働同一賃金)とは、「正規と非正規の格差是正」を目的としたものです。 ここでいう「非正規」とは、契約の形態や名称にかかわらず 短時間労働者、有期雇用労働者、派遣労働者 のことを言います。

言い換えるなら、なぜ田舎の賃金は安いのでしょうか? その答えは「集積の経済」で説明することができます。 集積の経済が賃金を高くする. 外国人はなぜ日本を目指すのでしょうか?日本の文化がユニークで面白い、治安が良い、交通が便利、理由は様々かと思います。近年増加傾向にある外国人労働者が、どんな賃金体系で働いているのか見て …