更年期障害の薬物治療は、基本的に閉経期ホルモン療法と漢方薬を中心に行います。2018年2月現在、閉経周辺期に更年期症状の改善を目的として開始した閉経期ホルモン療法を続けることで、慢性疾患*予防のメリットも得られることがわかっています。 <更年期障害の治療> 漢方医学の視点. 「更年期の不調‥早めに病院で治療する方がいい?」さまざまな心身の不調を覚えるようになる更年期。ほてりや発汗、のぼせなど「体の症状」もあれば、イライラやうつ状態など「心の症状」に悩まされることもあります。病院で更年期障害の治療を始めたくても「何科に行くべき? 漢方薬が更年期障害に最適な理由 そんな症状、体格、体質に合わせた治療ができるのが漢方薬治療なんです! 人間は外部環境に変化があっても内部環境は乱されないために

男性更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンの減少なので、治療方法は男性ホルモンの補充療法で治療していきます。 ほとんどはホルモン剤の内服や外用薬などですが、症状が重たい場合には筋肉注射なども併用しながら治療を行います。 ただ、更年期の症状はエストロゲンの減少だけではなく、その他の要因も関与して個人差もあるので、それぞれに応じた対応が効果的です。そのため更年期障害のイライラに使う漢方薬は様々ですが、以下で一部をご紹介します。 「更年期障害」の治療法のひとつとして漢方療法があります。 当院が考えるこの漢方療法の特徴や、具体的な製剤(漢方薬)を一部ご紹介します。 「更年期障害」治療における漢方療法の4つの特徴

不定愁訴の治療は漢方治療がもっとも得意とするところです。したがって、更年期障害は漢方治療のよい適用となり、漢方薬が使われる頻度も高い疾患の一つといえ …

更年期障害の症状を和らげるために、できるだけ薬を使わずにオーガニックなもので緩和しながら付き合っていきたい。そんなあなたには漢方薬を検討してみることをおすすめします。効果のある漢方薬や漢方薬の種類を紹介しているサイトです。 更年期障害とは 更年期とは閉経の前後5年間、計10年間のことです。 この時期は女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が急激に減ってきます。 エストロゲンの減少により現れる多種多様な症状を更年期症状といいます。 そのうち、日常生活に支障があるものを更年期障害といいます。