最低賃金とは、労働者の賃金の最低ラインになる金額のことで、地域や業種によって細かく定められています。最低賃金は毎年10月に改定され労働局から発表されます。この記事では最低賃金制度の概要や地域ごとのランキング、給与が少ない場合の対処法についてご紹介します。
特定最低賃金は、特定地域内の特定の産業について、関係労使が基幹的労働者を対象として、地域別最低賃金より金額水準の高い最低賃金を定めることが必要と認めるものについて設定されており、全国で233件 (平成29年4月1日現在) の最低賃金が定められています。 最低賃金が改定されます。 都道府県の令和元年度地域別最低賃金額及び発効年月日は、以下のとおりです。 また、平成14年度から平成30年度までの地域別最低賃金改定状況については、「令和元年度地域別最低賃金改定状況」の下に掲載しています。 第8条 最低賃金の適用を受ける使用者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該最低賃金の概要を、常時作業場の見やすい場所に掲示し、又はその他の方法で、労働者に周知させるための措置をとらなければならない。

最低賃金法.