10月分給与(対象期間10月15日-10月25日) 11月5日支給 社会保険労務士丸山事務所 (町田/社会保険労務士) 社労士インフォメーション. この会社は末締め. 4月・5月・6月(4月30日、5月31日、6月30日支払分)の給与について算定基礎届を提出し、改定後の標準報酬月額による社会保険料が適用されるのは、9月分給与(9月30日支払分)になります。

給与計算の保険料控除開始日 . 1か月ずれている・・・? ピーンと来ました。入力は間違っていない。 さては、支払い日ベースで考えていたな? 3月末で締めた賃金が4月支払いだから、4月分として考えていたようです。 労働保険料は締め日ベース 月額変更届の「提出時期」や「新しい社会保険料」をいつの給与から差し引くのか?は・・結構頭が混乱する論点です。 以下、 「社会保険翌月徴収」 の会社を前提に、給与支払パターンを2つに分けてまとめます。 (1) 月末締め 翌月払い 1月分(1月末払い)に賃金の変動があり、1月・2月・3月(1月31日、2月28日、3月31日支払分)の給与について月額変更届を提出したとき、 改定後の標準報酬月額による社会保険料が適用されるのは、4月分給与(4月30日支払分) になります。 20日締め、当月末払い、当月控除の場合.

4月1日より契約社員の労働時間を変更し、雇用保険の加入対象となりました。 この場合、雇用保険料の徴収は4月給与・5月給与のどちらから行うことになりますでしょうか。 なお、給与は、末締め、翌月払いで、今月支払う4月給与は3月の勤怠実績によるものです。 給与25日締め,翌月5日払いの会社の場合. 10月15日入社、(社会保険加入)した場合 (保険料の納付期日は11月末日). 20日締め、当月末払い、当月控除の場合.