概算保険料の延納 は具体例で出題されることが多いテーマです。 この延納について覚えておきたいのは納期限です。 継続事業と有期事業それぞれの期の区分ごとの納期限に、上記の語呂合わせをあてはめると下表のようになります。

平成31年度事業主の皆様へ(継続事業用)労働保険年度更新申告書の書き方 : 平成31年度事業主の皆様へ(雇用保険用)労働保険年度更新申告書の書き方 : 平成31年度事業主の皆様へ(一括有期事業用)労働保険年度更新申告書の書き方 増加概算保険料の延納(則30条1項) 条文の下の枠内3行目 対象期間 納期限 ・ ・ 「4月1日~7月31日の期分」「 3月31日 」 継続事業の年度と単独有期事業の考え方が、いまいち理解できていないのが原因だと思っています。 こんにちは、アクシス社会保険労務士事務所の大山敏和です。 例年、6月1日~7月10日は、前年4月1日~本年3月31日(保険年度といいます)の労働保険料を支払うための労働保険年度更新の提出期間ですので、今回は改めて「年度更 … 続きを読む 社労士が解説! 延納の方法は通常の概算保険料の延納と同様ですが、最初の期の概算保険料については、継続事業(一括有期事業を含む)、有期事業ともにその通知を受けた日から15日以内(翌日起算)に納付しなければ … 労働者を1人でも使用する場合、労働災害のリスクに備えるため、事業ごとに必ず「労働者災害補償保険(以下:労災保険)」の適用を受けます。日本全国どの事業場においても必須とされ、人事労務担当者としても必携のこれら労災手続きスキルについて、もれなく身に着けておきましょう。 有期事業で延納する場合は、成立年月日から2回目の納付までが原則として2ヶ月以内の場合、納付回数が1回減ります。 延納条件は75万以下でなく、75万未満でした。 平成31年度事業主の皆様へ(継続事業用)労働保険年度更新申告書の書き方 : 平成31年度事業主の皆様へ(雇用保険用)労働保険年度更新申告書の書き方 : 平成31年度事業主の皆様へ(一括有期事業用)労働保険年度更新申告書の書き方

「継続事業において増加概算保険料が発生し、延納申請した場合の納期限」についてなのですが、概算保険料に対し増加になった場合の「対象期間:4月1日~7月31日」の期分の納期限3月31日という規定が理解できません。 「延納」とは? 「概算保険料」は、原則的に、 全額を1回で 納 … 概算保険料額が40万円(労災保険か雇用保険のどちらか一方の保険関係のみ成立している場合は20万円)以上の場合又は労働保険事務組合に労働保険事務を委託している場合、3回に延納することができます。

イ) 有期事業であって、次のa)、b)のいずれかを満たすこと。(平17択) a) 納付すべき概算保険料の額が「75万円以上」のもの. 増加概算保険料 保険年度の途中に以下のような理由によって概算保険料が一定の基準を超えて増加が見込まれる状況になった場合に手続が必要とされるのが、増加概算保険料というものです。 この制度は継続事業・一括有期事 … b) 当該事業に係る労働保険事務の処理が労働保険事務組合に委託されているもの ロ) 事業の全期間が6月以内のものでないこと。 増加概算保険料; 概算保険料の追加徴収 「労働保険の年度更新」参照。 延納の要件 . 度の納付すべき概算保険料の額が75万円以上である有期事業の事業主が,概算 保険料の延納の申請をした場合は,当該保険関係成立の日から11月30日まで の期間が最初の期となり,当該最初の期分の概算保険料については,7月21日 が納期限となる。 1) 継続事業、有期事業及び政府の認定決定の規定により当初の概算保険料の延納をする事業主は、「増加概算保険料申告書」を提出する際に延納の申請をした場合には、増加概算保険料を、保険料算定基礎額の見込額が増加した日以後について、次の各期に分けて納付することができる。 確定保険料は分割することはできませんからね。 (そもそも確定保険料というのは、先に支払った概算保険料との差額ですから、年度内に社員が倍増したなんてことがない限り、それほど高額にはならないはずです。) 事業主の要件. 事業の全期間が6か月を超える有期事業の場合⇒概算保険料額が75万円以上であるときは、概算保険料申告書の提出時に申請することにより、概算保険料を延納することが可能。 概算保険料を、その事業の全期間を通じて、 ・毎年4月1日から7月31日まで

分割納付(労働保険料の延納) 【継続事業の場合】 概算保険料額が40万円(労災保険か雇用保険のどちらか一方のみ成立している場合は20万円)以上の場合、または労働保険事務組合に事務を委託している場合は、3回に延納することができます。 以下の2つの要件に該当する場合、申請を行うことで延納が可能となります。 1、以下のどちらかに該当している. b) 当該事業に係る労働保険事務の処理が労働保険事務組合に委託されているもの ロ) 事業の全期間が6月以内のものでないこと。 イ) 有期事業であって、次のa)、b)のいずれかを満たすこと。(平17択) a) 納付すべき概算保険料の額が「75万円以上」のもの. 1) 継続事業、有期事業及び政府の認定決定の規定により当初の概算保険料の延納をする事業主は、「増加概算保険料申告書」を提出する際に延納の申請をした場合には、増加概算保険料を、保険料算定基礎額の見込額が増加した日以後について、次の各期に分けて納付することができる。

有期事業 の場合、「概算保険料」の額は、 事業開始から終了までの 全期間における賃金総額の見込み額に、一般保険料率を乗じた額 です。 . 納付すべき概算保険料の額が40万円以上