ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - イギリス東インド会社の用語解説 - 1600年東洋貿易を目的に設立されたイギリスの独占的・政治的商業会社。初めモルッカ諸島の香料貿易を目指したが,オランダに敗れ,17世紀半ば以降ボンベイ,マドラス,カルカッタを拠点にインド貿易を進めた。 17世紀頃、こうした地域との貿易権を持つ特許会社が、イギリスやオランダなど高い航海技術を持つ国の中に誕生しました。これが『東インド会社』です。 東インド会社が誕生する前の世界 16~17世紀の世界の様子 image by iStockphoto.

イギリスだけでなくオランダ、フランスなど他国も東インド会社を持っていました。 イギリスが当時植民地だったアメリカに増税をしたり、インドの紅茶を売りつけようとしてアメリカ人の怒りを買い、独立戦争になってゆく時代。
しかしイギリスの東インド会社もがんばりました。オランダとの競争があったらこそ「マーケティング」について考えたのです。 香辛料やお茶、これらは誰が輸入しても変わらない商品です。

オランダ東インド会社の場合、長崎出島での交易についての文書を追えば良いが、イギリスの場合を知るには良きガイドブックだった。 日本の敗戦後、東南アジア各地でイギリス、フランス、オランダなどの植民地の独立が相次いだ。 各国ごとにあるので、イギリス東インド会社とかもありました。他の国に先駆けて中国からお茶を輸入し始めたのが、オランダ東インド会社でした。 イギリスに紅茶を広めたマーケティング. 「オランダ東インド会社」は、世界初の事業継続を目的として設立された”株式会社”である。オランダ東インド会社の株式会社としての歴史を振り返ると、そこには「私心なき自由」、そして「ペイラントの自由」という2つの自由で隆盛と没落が決まった経緯がわかる。

さらにインドにおけるシパーヒーの反乱(1857)の失政責任から、翌1858年、東インド会社は解散した(イギリス東インド会社解散)。 このため海峡植民地は 1867年 、イギリスの 直轄植民地 となり、1895年イギリス保護領として マラヤ連邦 ( マレー連合州 。 オランダ東インド会社は世界初の株式会社としても有名である。 引用:Wikipedia.


1609年オランダ東インド会社は、2隻の船をオランダから日本に出航 させました。2隻は無事平戸に入港し、駿府の徳川家康との面談を果たした上で平戸にオランダ商館を開設しました。 オランダ東インド会社(オランダひがしインドがいしゃ、正式には連合東インド会社、オランダ語 : Verenigde Oost-Indische Compagnie、略称VOC)は、1602年 3月20日にオランダで設立され、世界初の株式会社といわれる。 会社といっても商業活動のみでなく、条約の締結権・軍隊の交戦権・植民地経営 … オランダ東インド会社が生まれた背景は、その200年ほど前、大航海時代の前史から説明する必要があります。 中世のヨーロッパでは、胡椒を始めとしたスパイスが極めて高価で取引されていました。 イギリス東インド会社と紅茶には深い関係があります。イギリス東インド会社と紅茶の関係を、大英帝国の歴史の中で確認していきましょう。現在、世界中で愛されて飲まれる紅茶は、イギリスが大英帝国(イギリス帝国)として世界の海上覇権を確立していくなかで オランダ東インド会社(VOC)の設立 最終的に女王陛下のお墨付きを頂くことで、ひとつにまとまった形となったイギリスの東インド会社。 レヴァント会社という前進があったことも成功を導く要因となり … オランダ東インド会社は,1602年に設立され,1799年には解散の憂き目に あったが,およそ200年間にわたり,ヨーロッパ諸国の東インド会社のなかで も,アジア経済全般に最も影響を与え,また影響を受けた東インド会社であっ た。