臨時休校措置を受け、酪農家が悲鳴を上げている。新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、政府が示した全国小中高校の臨時休校方針で学校給食が停止。学校給食向けの牛乳(学乳)は飲用向け生乳の1割近くで、供給先を失った産地やメーカー… 「学校給食の牛乳が、平成16年度から、これまでのビンではなく、紙パックに変更することが問題になっています。これは、東京都が牛乳の供給業者からの申し出を受けて、区市町村に方針を示してきたも … 財団法人東京都学校給食会(以下「給食会」という。)及び学校給食用牛乳供給事業者(以下「乳業者」という。)は、この要綱の定めるところにより、給食会は給食用パンを、乳業者は牛乳を学校に供給するも …

公益財団法人東京都学校給食会は都内の学校給食実施学校に安全で良質な学校給食用の食材を円滑に供給し、 あわせて学校給食の充実を図るとともに、食育を推進するためにこれを支援する事業を実施して … 東京都における学校給食用牛乳供給事業の実施主体である東京学乳協議会では、目黒区に納品している製造メーカーを含む各学乳供給事業者の学校給食用牛乳の放射性物質検査を実施しています。 このページに関する お問い合わせ.
教育委員会事務局学務課保健給食係 〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号 電話:03-3312-2111(代表)、03-5307-0762(直通) ファクス:03-5307-0692

給食専門の農家もいる。そこに貢献できればと思う」 一方、給食の中止で、牛乳についても行き場を失う懸念が出ている。 千葉酪農農業協同組合市乳工場・星畑工場長「学校給食用の充塡(じゅうてん)機になります。 各地で一斉休校が続く中、東京都内の小学校では、食材業者を支援するため、給食を児童に持ち帰ってもらう取り組みを始めた。江戸川区の小中学校は、週1回の登校日に、休校により行き場を失った地元の特産のコマツナなどの食材を学校で調理して、児童らに提供し、持ち帰ってもらっている。