【株の語源・由来】 アブラナ科の「カブ(蕪)」と同源で、「かぶ(頭)」のことと思われる。 「頭」を意味するのは、木を切って残った部分ではなく、根の上が頭を出しているといった認識によるもので … 株では用語の意味を知っているだけではなく、それが投資の際にどのように使えるか、どのように投資の判断材料になるのかがわからなければ意味がありません。意味だけでなく、使い方をしっかり理解し … 株式(かぶしき)とは、株式会社の構成員(社員=株主)としての地位(社員権)や権利のことである(通説) 。 「株式」という日本語は、独占営業の権を許された集団の成員という意味の「株」と、中世における土地収益権を意味する「式(職)」という語に、その沿革を有する 。

分離したもの、との意味で分離株(isolate)という語もある。 ウイルスの分類 でも用いられる [1] 。 例えば 細菌類 や 菌類 を研究する場合、まず野外から試料を取り、これを適当な方法で培養し、そこから出現するさまざまな微生物の中から目指すものを取り出す。