①かしら。あたま。こうべ。 ②岩石の一種。「頁岩」 ③ページ。書物や紙の一枚、また、片面。 参考 「頁」の「ヨウ」の音が、枚数を数える「葉(ヨウ)」の音に通じることから、「ページ」として当てられ … 年賀状作成中です。いとへんに文で紋ですが、いとへんに桑で「あや」という名前の人がいます。IME手書きでも出てこないし、ネットで検索してみましたがヒットしません。この漢字を年賀状印刷に使いたいのですが、誰か教えて下さい!よ あお・あおへん【 青 】 目次に戻る 4. 靕 ※[#「正+睛のつくり」、第4水準2-91-92] 7. 靚 ※[#「靜のへん+見」、第3水準1-93-75] 8. 靛 ※[#「靜のへん+定」、第4水準2-91-94] あか・あかへん【 赤 】 目次に戻る 3. 郝 ※[#「赤+おおざと」、第3水準1-92-70]

桑を含む四字熟語. がつ・がつへん・いちたへん・かばねへん : 殳: ほこづくり・るまた: 毋 母: なかれ・ははのかん・はは: 比: くらべる・ならびひ: 毛: け: 氏: うじ: 气: きがまえ: 水 氵 氺: みず・さんずい・したみず: 火 灬: ひ・ひへん・れっか・れんが: 爪 爫: つめ・つめかんむり・つめがしら・そうにょう・の そうかいのへん: 意味: 世の中の変化が激しいということ。 いつの間にか桑畑が海に変わっているという意味から。 「桑」は桑畑のこと。 出典 『神仙伝』 類義語: 滄海桑田(そうかいそうでん) 滄桑之変(そうそうのへん) 桑田滄海(そうでんそうかい) 鄭衛桑間(ていえいそうかん) 桑海之変(そうかいのへん) 桑弧蓬矢(そうこほうし) 滄海桑田(そうかいそうでん) 桑間濮上(そうかんぼくじょう) 「桑」を含む四字熟語を全て見る 海上から生えた桑 ... 天皇がその夢について、崇敬する定恵和尚に問うと、「琵琶湖には、八大龍王の変化(へん げ)である弁才天が居られ、湖底には龍宮があり、姫を治癒する如来がおわします。」と言上(ごんじょう)する。 定恵が法要を行うと、琵琶湖からまぶしい光が発し、薬師如来� 部首が火(ひへん)の漢字一覧です。火部に属する部首で左側に位置するとき、「ひへん」と呼びます。火・熱に関する漢字、「ひへん」を含む漢字などが集められています。 桑の旧字(そう)とも読む文字のワードでの書き方は? 桑の難しい字とゆうか古い字はpcではなんと打てば変換ででてきますか? 桒 この読み方と意味を教えてください 十 が上、左右、下に木を書きます; パソコンで「くわ」という漢字が出ません。

「頌」という漢字: 漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。 (「頌」は常用漢字外(人名用漢字)です。: 成り立ち、読み方、画数・部首: 意味: ①「ほめる(褒・誉)・たたえる(称・讃)⇒人のしたこと・行いを優れて いると評価して、そのことを言う」(例:頌歌) 部首が頁(おおがい・いちのかい)の漢字一覧です。頭部を強調した人の形を表しています。頭・顔に関する漢字、「頁」を含む漢字などが集められています。「おおがい」は似た字形の「貝」と区別して大貝から、「いちのかい」は一(いち)とノ(の)と貝(かい)からです。 部首索引:「おおがい」(漢字一覧) | 文字の美しい書き方の基本の一つが筆順(書き順)です。一般的で自然な筆運びをアニメーションで分かりやすく紹介します。