死刑制度の問題(死刑廃止及び関連する刑罰制度改革実現本部) 検察審査会に関する取り組み(検察審査会に関する委員会) 【延期】第14回国連犯罪防止刑事司法会議京都コングレスに参加しよう2020年4月20日(月)~4月27日(月) 刑事事件や弁護士の情報を検索中の方へ。警察や検察から取り調べられるとき、弁護士の立ち合いが認められるかな…。 そんな疑問を解消すべく、徹底調査いたしました。 刑事事件で任意同行した容疑者の「黙秘権」。 逮捕された被疑者に特有の注意点。 本稿では、日本における死刑の概要、歴史を述べる。 日本は死刑を法定刑のひとつとして位置づけている。 その方法は絞首によると規定されている(刑法11条1項)。.

死刑執行の立ち会いについては、刑事訴訟法で規定されている。 【刑事訴訟法】 第四百七十七条 死刑は、検察官、検察事務官及び刑事施設の長又はその代理者の立会いの上、これを執行しなければならな … また、事件処理に必要な検察官が足りないとの理由の際に、法務大臣は区検察庁の検察事務官のうち一定の者にその庁の検察官の事務を取り扱わせており(検察庁法附則36条)、このような検察事務官を検察官事務取扱検察事務官という。