4.凍結口座の相続手続|死亡後の口座解約・名義変更 ここからは少し先の話になりますが、 最終的には預貯金の相続手続きも必要 になります。 銀行口座の凍結は、時間が経っても自動的に解除されるわけではなく、必要な相続手続きを行って初めて解除されます。 銀行口座にも相続手続が必要です。銀行が人の死を知ると口座凍結・取引停止により相続争いに巻き込まれるのを防ぎます。これを解除する相続手続には戸籍等が必要で、遺産分割協議書や遺言を使う場合もあります。これら銀行口座の相続手続を説明します。 口座名義人が亡くなると口座が凍結されますが、解除するには結構手間が掛かります。最近では終活の一環で、銀行口座を整理したいという方も増えているようです。そこで今回は銀行口座の解約や名義変更の方法と、おすすめの口座について解説します。 口座名義人が死亡しました。どのような手続が必要ですか? りそな銀行のその他手続きに関するよくあるご質問ページ(faq)です。ご質問とご回答をq&a形式でご紹介いたします。 預金口座のご名義人(口座名義人)が亡くなられた場合、相続人が預金の相続を行う手続きが必要となります。ここでは、相続の際に必要となるお手続きの流れや方法、必要書類などについてご説明してい … 銀行口座名義人が亡くなると、その口座は凍結されます。電気、ガス、水道などの公共料金は、最優先で支払方法の変更手続きを。その他各種会員契約も、トラブルを避けるために早めに解約を。