大体ほとんどの国で100万円前後 ですが、イタリアだと国立なので年間10万円とかあります。 ウクライナは40万ー50万です。ウクライナの近く、ジョージアでも学費は40-50万円です。最近知らなかったのが、中国でも英語で教える学部があるようです。 海外大学医学部のメリット ① 日本の医学部より入試難易度が低い(人物重視で入試科目が少ない)② 英語で学ぶことができる③ 留学先の医師国家資格を取得できる④ 日本の医師国家試験受験資格が取得できる 海外医学部を費用から考える. 海外の医学部卒業後はいずれ日本への帰国を検討している場合は、進学する大学が厚生労働省の審査に通過できるか確認しておくことが重要です。 そして、最後に年齢に関係なく挑戦できるのが留学の醍醐味ですが、家庭を持つ社会人の場合は、家族と離れて遠い地で医師を目指すことになる� 最近のこと。大学の先輩から「俺、43歳だけど再受験しようと思うんだ。どう思う?」という相談をうけた。自分が大学1年のとき大学院生だった先輩だからかなり年上だ。 43歳から過酷な受験勉強をがんばろうという心意気に感激して 「再スタートに遅すぎるということはありません。 医学部再受験は50代でもok!まとめ 一旦社会にでた(または仮面浪人でも)後に、医学部再受験する際のポイントを整理しましました。 できれば若いうちがよさそうですが、意外と50代での医学部再受験もありだと思います。