訂正申告、修正申告、更正の請求、更正または決定の違いや手続きとは 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所。決算・確定申告、開業支援、会社設立、創業融資、節税コンサル など税務に関することをお任せいただけます。 他にも、例えば消費税の計算において、 一度選択した個別対応方式から一括比例配分方式への 変更なども、同じく更正の請求はできません。 なお、この消費税の適用変更は通達上では 修正申告においても変更できないとされています。 (注) 1 税務署の調査を受けた後で修正申告をしたり、更正を受けたりすると、新たに納めることになった税額のほかに、その税額の10%(場合によって15%)の過少申告加算税又は35%(場合によって40%)の重加算税がかかります。 この場合は、更正の請求という手続により、税金の還付の請求を行うことができます。 この手続は、納税申告を行った方が、誤っていた納税申告と正しい納税申告の両方の内容などを記載した関税更正請求書(税関様式C-1030)を納税申告をした税関官署に提出することにより行います。 訂正申告、修正申告、更正の請求、更正または決定の違いや手続きとは 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所。決算・確定申告、開業支援、会社設立、創業融資、節税コンサル など税務に関することをお任せいただけます。 【税理士ドットコム】消費税は税抜き処理の会社です。不課税の経費を税込みで処理してしまい、過去5年の不足分をそれぞれ修正申告する予定です。今期に納付するときに、延滞税や過少申告税については損金不算入だと思われますが本税の追加分は今期の損金となりますか? 法人税の修正申告と更正の請求. 更正の請求は平成23年12月2日以後に「法定申告期限」(事業年度ではありません)が到来する国税について適用されるもので、平成23年12月2日より前に法定申告期限が到来する国税については、更正の請求の請求期限は従来どおり法定申告期限から1年となりますので注意が必要です。 消費税の申告は、もちろんですが、超過納税分、各年度利益が増える為、法人税、地方税の修正申告も必要になり、かつ、過少申告税加算税も必要になるのかと思いますが、このあたりもどうすればよいの … 他にも、例えば消費税の計算において、 一度選択した個別対応方式から一括比例配分方式への 変更なども、同じく更正の請求はできません。 なお、この消費税の適用変更は通達上では 修正申告においても変更できないとされています。

確定申告の間違いに気づいた!さて、どうする? (2018/01/25更新) 確定申告は、1年間の収支や諸控除、納税すべき金額などについて、文字通り「確定した」金額を申告するものです。起業家や個人事業主には毎年おなじみですね。 もちろん、人がやることですから間違いはつきもの。 法人税申告・決算サポートセンターの代表ブログです。このページではコラム「「修正申告と更正の請求」「更正と決定」、手続きの違い」を掲載しています。 この場合も、原則としては修正申告も上記の消費税の更正の請求の期間に合わせて、過去5年間まで遡って適用します。 なお、税金の追加納付には、『延滞税』という遅延利息相当のペナルティーが課され … 確実な法人税の申告、納税を行うことが一番ではありますが、万が一誤ってしまった場合は2つの対処法があります。法定申告期限を過ぎているかどうかを確認して、修正申告を行いましょう。 〇法定申告期限内である場合