発泡スチロールの捨て方をご存知ですか? 遺品整理で処分方法に困るものの一つに、発泡スチロールがあります。遺品整理だけでなく毎日の生活のなかで、ごみとして出る発泡スチロール。その分別と捨て方は自治体によって異なります。そこで発泡スチロールの処分方法をご紹介します。

福岡のリサイクル処分はエコテック有限会社にお任せください。回収から選別、リサイクル、処分まで、すべてまとめてご依頼いただけます。産業廃棄物・パソコン・機密書類の処理や遺品整理にも対応。現地見積りは無料です。まずはお気軽にご相談ください。 オープンドラムを使用する事で、 多くの問題点が、一気に解消します。 今まで処理費用を払って業者に回収してもらっていた発泡スチロールが、オープンドラムの中の溶剤につけて減容する事で、簡単・手軽に処理する事ができます。 排出したら、『即投入』。 回収した発泡スチロールが工場に運ばれてきます。 まず最初に異物が混入していないかを調べ、発泡スチロール以外のものが混入している場合には取除きます。 2.減容機に投入して破砕.