【相続登記申請用ページ】相続登記の申請書・遺産分割協議書・委任状の見本から、相続登記の必要書類・管轄法務局・書類の書き方・登録免許税の具体的な計算方法・書き損じの訂正方法・注意点など。司法書士が相続登記に必要な情報を網羅的に解説します! 遺産分割の話し合いがまとまったら、内容を書面にしておく必要があります。遺産分割協議書とは、遺産分割協議で決まった内容を証明するために書面にしたものです。 相続登記に遺産分割協議書が必要な … 亡くなった人の遺産分割協議書には、 相続人全員が、住所と氏名を自筆で書き、 実印を鮮明に押す必要があります。 そして、遺産分割協議書として、 遺産の相続手続き先で使用するためには、 相続人全員の印鑑証明書も添付する必要が …
相続登記を自分でやった内容を解説します。必要書類(登記申請書・遺産分割協議書)を作成して法務局に登録申請する方法、関係書類(戸籍謄本・遺言書)を一覧にして取り寄せ方法、いずれも原本とコピーを用意、登録免許税の費用や期限・期間も説明します。

遺産分割審判によって取得者が決まった場合は、裁判所で確定証明書を発行してもらう必要があります。 なお、遺産分割協議による相続登記と違い、 遺産分割調停・審判によって相続登記をする場合、相続人を証明するための戸籍謄本一式は不要 です。 不動産を相続する際には、相続登記手続きを行うことになります。この記事では、相続登記の際に遺産分割協議書が必要となるケース・不要なケースを中心に、遺産分割協議書についての解説を行っていま …