相続において遺産分割協議書を作成した場合、相続税申告書に印鑑証明書を添付する必要があります。では、この印鑑証明書の日付に、有効期限はあるのでしょうか。 印鑑証明書の有効期限一般的に、印鑑証明書が必要とされる場合、発効から3ヶ月以内とされる場合が多いです。 印鑑証明書の有効期限… 相続登記の必要書類に有効期限はありませんが、相続人の戸籍謄本は、被相続人の死亡後に取得したものでなければなりません。被相続人の死亡時に相続人が生存していたということを証明するためです。 不動産の固定資産評価証明書は最新の年度のものを 相続が発生した場合、相続人の一人から用意して欲しい書類を依頼されることがあると思います。その中でも印鑑証明書を依頼された場合、どういった手続きに印鑑証明書が必要になってくるのか疑問に思ったことはありませんか? 相続税申告・相続税の事前対策・遺言書作成サポート・決算・法人税申告・確定申告・節税のことなら 田村税理士事務所にご相談下さい。創業33年で相談実績1830件、相続税申告230件以上. 相続手続きを進めていくうえで、各申請先から印鑑証明書や戸籍謄本といった証明書を求められることがあります。 相続手続きは時間がかかるものですし、遺産分割の協議に時間を要する場合には、気が付けば半年や1年と経ってしまうこともありますので、証明書の有効期限は気になるところ。 相続人全員の印鑑証明書が必要!? 相続税の申告にはたくさんの書類を用意する必要があります。 また、相続税の申告期限は10カ月と短いので書類を用意する期間も注意しなければなりません。相続において、戸籍と同じくらい必要になる書類が印鑑証明書です。