【相続関係説明図】の書き方を図解にして解説。相続関係説明図作成にお悩みの方は、名古屋 遺言・相続サポートセンターまでお気軽にご相談ください!! 運営:いとう司法書士事務所 ☎090-6009-6658 3.相続関係説明図は自分で作れるのか? 3-1.必要書類. 相続関係説明図を作成するにあたって、これらの情報を調べる必要があります。 <被相続人> 氏名・出生日・死亡日・最後の本籍・最後の住所・登記簿謄本上の住所 <相続人> 氏名・出生日・現在の住所

相続登記をするにあたって、検討すべきこと、疑問になるであろうことについて解説しました。ただし、実際に手続きをするにあたっては、専門家に相談されることをお勧めします。相続登記のことなら千葉県松戸市の高島司法書士事務所へご相談ください。 相続関係説明図は、相続による不動産の名義変更登記(相続登記)をする際の添付書類として作成する、被相続人と相続人の関係を表す家系図のようなものです。 この相続関係説明図は、相続登記のご依頼をいただいた司法書士が作成するもの・・・ 相続関係説明図の被相続人の「登記簿上の住所」の住所はどう書いたらいいのでしょか。 二つの住所を並べて又はで書けばいいのでしょうか。 質問日時: 2017/4/10 19:30:04 解決済み 解決日 … 相続関係説明図はどうしよう…。 相続関係説明図は、相続登記に添付する書面。 法定の添付書面ではないが、実務上、必ずといっていいほど添付する。 これを添付することにより、戸籍謄本等をコピーすることなく、原本還付が可能となる。 質問をどうぞよろしく、お願いいたします。相続関係説明図の中の、1 最後の住所2 登記簿上の住所3 最後の本籍地の1と2の記載意味で困っております。1の最後の住所は、被相続人が入院いていたのですが、その病院の住所しょうか? 相続登記も自分で行う場合はどうしたらいいのか調べてみました。 夫の父が残した家は、私たちが住んでいるものと、今は母が一人で住んでいるものと、2軒あります。 前の記事で、表題登記を自分でした …