小規模宅地等の特例の大きな特徴は土地の評価額を大きく下げることです。評価を下げることで大幅な節税が期待できますので土地を相続されたのであれば絶対に使うべき特例です。 小規模宅地等の特例とは一体どのような特例で誰が使えるのか、以下に具体的に見 … 小規模宅地等の特例を受けるには? 相続財産の中に土地がある場合には、一定の要件を満たすことによって大幅な税金軽減ができる可能性があります。 土地はあるものの、現金預金が少なくてご不安な方にとってはとてもありがたい制度になっていま … 被相続人が居住用に使っていた自宅の敷地について、相続税評価額を80%減額出来る小規模宅地等の特例。被相続人が亡くなった時点で老人ホームに入所していた場合でも適用は可能なのでしょうか?亡くなった時点では居住用に使っていた訳ではないので気になりますよね・・・。 相続税では一定の要件が揃えば控除や特例によって税額を下がられるって知ってますか??相続税額を下げることができる代表的な各種控除や特例を網羅的にご紹介!小規模宅地の要件や減額割合。配偶者控除を適用させる具体例をあげて説明 小規模宅地等の特例を受けるには期限内申告が鉄則 小規模宅地等の特例とは、被相続人が居住用や事業用として使っていた宅地等を相続により取得した場合に、その宅地等の評価額を一定の面積まで最大80%減額する制度です。 この記事では、パターン別に小規模宅地等の特例が適用されるかについて解説しています。相続税対策は被相続人が生前に行っておくものですが、相続開始後に利用できる制度として小規模宅地等の特例という制度があります。 小規模宅地等の特例は、申告期限までに遺産分割して申告書を提出することが適用を受けるための原則ですが、やむを得ない事情によりそれができないケースもあり、一定要件を満たす場合には期限後申告で小規模宅地等の特例を受けることが可能と …