保険料額の計算は、基準報酬月額及び基準賞与額に、医療分、後期高齢者支援金分及び介護分のそれぞれの保険料率を乗じて得た額の合算額となり、合算額に10円未満の端数があるときは、その端数を医療分保険料から切り捨てます。 社会保険料は健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料の3つです。 健康保険料は医療、後期支援、介護に分けて、それぞれに一定のパーセンテージをかけて計算します。年収400万円で、課税所得が228万円の人の場合は15万9300円となります。 社会保険料は従業員の「標準報酬月額」や「標準賞与額」、社会保険の種類ごとによって定められている保険料率によって計算していきます。ここからは具体的な社会保険料の計算方法や計算例について解説していきたいと思います。 氏名、生年月日、標準報酬月額を入力するだけで、健康保険料、厚生年金保険料の被保険者負担額を算出します。 40名まで入力可能。 作成日を基準に年齢を計算し、介護保険料の適用を自動判定。 21年3月以降の保険料は、ver.7で対応しています

1.社会保険料や税金の計算が楽になる まず、エクセルで給与計算を行う場合に最も頭を悩ませるのは、社会保険料や税金をいくら控除するのかという計算です。 雇用保険の保険料は支給額×0.5%ですからエクセルであっても数式を入力すれば簡単でしょう。


毎月の給与計算において「源泉所得税の控除金額」を算定するためには、その算定基礎金額となる「社会保険料等控除後の給与等の金額」を計算することが必要となります。 このため、ここでは、当該『「社会保険料等控除後の給与等の金額」・・・ わかるかた、ぜひ教えてください。エクセルで50銭以下切捨て、51銭以上切上げの関数が分かるかた教えてください。たとえば、500.60円を→501円にしたいのです。 - Excel(エクセル) 解決済 | 教え …

健康保険料の計算方法と節約方法を解説しています。健康保険料の計算方法は少し「いびつ」ですので、その「いびつ」な点を上手く突けば、会社員でも健康保険料の節約は可能です。 処遇改善加算交付金は、会社負担の法定福利費の増加分を除いて、全額(1円以上多く)、介護業務に携わる介護職員へ配賦しなければなりません。そこで、今回、キーとなる法定福利費の算出の為、法定福利費計算書を作成します。厚生労働省によれば、法定福利費