お礼メールは相手の感謝の気持ちが込められたもの。基本的には、返信するのが礼儀です。親しい間柄の友人や、普段お世話になっている取引先や上司から、わざわざお礼メールが送られてきたら、誠実に対応することを心がけるべきです。

取引先の担当者から直接電報をいただいた場合は、電話で祝電のお礼を伝えるのが迅速で簡単です。 電話をしたけど担当者が忙しくてつながらないなどの場合は、メールでお礼を伝えても失礼にはなりません。 取引先の担当者への祝電のお礼. 祝電をもらった相手が、会社の同僚や親しい友人であれば、電話やメールでお礼を伝えても問題ないでしょう。 しかし、それが取引先の社長などで電話では躊躇してしまう相手の場合、やはりハガキや手紙で夫婦連名のお礼状を出します。 祝電は本来取引先への無理な依頼は控えるべきですが、お願いしたい場合はどうしたらいいのでしょうか?まず電話などで依頼した後に、faxやメールで案内を送りましょう。また、事後の御礼も忘れず、今後取引先 … 祝電のお礼をする際のマナーをご紹介します。 電報(祝電・弔電)はFor-Denpo ... ただし、会社の上司や取引先の関係者、親戚など、目上の方たちには手紙やはがきでお礼状を送るのが一般的なマナー。親の知人などの場合も、結婚した新郎新婦からお礼状を送りましょう。 (3 会社への祝電のお礼はどうする? また会社への祝電のお礼については、 先ほどの取引先同様『なるべく丁寧な お礼状を書く』のが基本です。 ただし、 会社の風土や『誰が祝電を 送ってくれたか』 によって、 温度差を調整することが重要になります。