世界には、一般的には196ヵ国があり、そのうちの1つの国である日本。日本には47都道府県があり、その1つひとつの都道府県も細分化すると、23区792市743町…

一方、長野県は11年から3年連続で1位、15年も1位とトップの常連。ここ4年間は山梨、長野の両県で首位を分け合っている。 目立つのは福岡県の躍進だ。同調査開始以来、初めてランキング(20位以内)に登場し、5位に躍り出た。 人口が減る地域にはそれなりの問題があるなと住んでいて感じるのが現実です。 子どもを産めない環境 北海道の合計特殊出生率は、東京、京都に次いで、全国3位の低さだそうです。(2015.9北海道人口ビ … 生きているうちは、できるだけ健康に暮らしたい。これは誰もが思うことだろう。そこで今回、「もっとも健康に暮らせそうな都道府県はどこ?」というアンケートをとってみた。すると、実態とは違う結果が見えてきた。 次に外来(通院)についても都道府県別に調べ、外来受療率の特に高い都道府県と特に低い都道府県を表にまとめてみました。 外来受療率の全国平均は5,675なので、人口10万人のうち5,675人が通院していることになり、確率で言えば5.7%となります。 不動産投資をするにあたって、どこの都道府県にするかを考えた時、「長野県」にはどのようなイメージをお持ちでしょうか。 実は長野県では現在リニアに関する道路整備をはじめとした多様な政策が進んでおり、まさに「不動産投資にもってこい」な県といえます。 2016年移住希望地域ランキング【都道府県別】 2017年3月15日 rankingnippon Comment(0) 近年では、定年後のふるさとへの移住だけでなく、若者世代(20代~30代)の移住やUターン希望者が増加するなど、都市圏から地方へと移住するのが人気となっています。