パソコンやスマホの発達で文字を書く機会が減り、難読な漢字や画数の多い漢字の読み書きに一苦労していませんか。漢字の覚え方にはコツがあります。小学生でも実践している「語呂合わせ」による暗記術、これを使って楽しく確実に漢字を記憶しましょう。

漢字では「疎覚え」 「うろ覚え」を漢字で書き表す場合には、「疎覚え」と書き表します。 ただし漢字で「疎」や「空」を用いるよりもひらがなにした方が一般的です。 「うろ覚え」と「うる覚え」どちらが正しい? 「うろ覚え」が正解!

見分け方をいくつかご紹介しましたが、1つの見分け方で区別するよりも、複数の見分け方で区別した方が雲の漢字は覚えやすいです。 巻積雲であれば、上層雲+1つ1つのサイズがわかる雲。 巻層雲であれば、上層雲で広がっている雲など。

読めるけど書けない漢字ってありますよね。 鬱(うつ)とか薔薇(ばら)とか林檎(りんご)とか。 檸檬(れもん)という漢字もその1つ。 書けないですよね、これ。 でも、こんな複雑な漢字でも書き方を簡単に(?)暗記できる覚え方があるんですよ! 漢字を覚える方法で、最もメジャーと言うかよくあるのが、何回も同じ漢字を書く方法。「同じ漢字を5回ずつ書く」とか、宿題として出されることも多かったかと思います。これのせいで、手を真っ黒にした人も多いでしょう。しかし、このやり方って、全然覚えら 憂鬱の「鬱」の字って、なかなか書き方を覚えられませんよね。 「薔薇」とか「林檎」も難しくありませんか? でも、こんな複雑な漢字でも、簡単な書き方の覚え方があるんですよ。 「鬱」「薔薇」「林檎」について紹介しますので、まとめて覚えてしまいましょう。