2万5千分1地形図の尾根と谷の見分け方 登山ガイド 野中径隆 野中径隆 ... オリエンティアの読図講座 「等高線」その2 - Duration: 4:47. ピークから標高の低い方へふくらんでいる部分を尾根といいます。 尾根の特徴 等高線で囲まれて、その中に等高線がない所をピークといいます、尾根は必ずピークから派生しています。 尾根を登るときは、迷いが少ないが、下るときは支尾根に入り込む危険があり迷うことがあります。

今日も等高線をざっくり見ていきましょう。 ざっくり見る地形図シリーズ、その2「尾根と谷」 まずはこの等高線だけ描かれている地図をご覧ください。 これだけ見てもあまり意味はないのですが、 見方 等高線. 計曲線 : 主曲線: 補助曲線 ... そのため、等高線から「尾根」「谷」をまず区別しましょう。 尾根(赤色)と谷(緑色) 尾根(背骨のような部分) 川は谷にあり、等高線は互いに交わらないことから、それぞれ何かを把握していきましょう。 等高線の間隔 等高線は、間隔が広いほ 等高線から山の形や、尾根・谷の形状、傾斜をイメージできるようになれば、ハイキングの楽しみ方が広がります。 また、これらの読図知識は、道迷いの予防という安全面でも効果があります。

見方によっては凹凸が逆転してしまうことがあります。光源がどちらにあるかを意識して,画像を見てください。 高い部分が連続したところ『尾根』と細長く低くなった部分『谷』が見えたきましたか。等高線の屈曲と尾根谷の関係をよく見てください。