「池田はある意味、便利だとも言えるんですよ。大きな商業施設のある箕面や伊丹や川西に、自動車や電車ですぐに行ける。その日の目的に合わせて、行きたい方面に簡単に行けるんです」「ただ、それだと池田市にお金が落ちないんですよね・・」 池田市の経済がもっと活性化していけば、� 社会福祉法人 箕面市社会福祉協議会 〒562-0036 大阪府箕面市船場西1丁目11番35号 tel:072-749-1575 fax:072-727-3590 市役所の仕事は、抽象的に「少子高齢化対策がんばります」という宣言で終わるものではありません。市民の皆さんからいただいた税金を何かに投入して、具体的な行動と結果を生み出すことが仕事です。 なぜ箕面で「子育て」が柱の一つなのか。 大阪府での「子育て・教育」。出産から子供の教育について、産婦人科の混み具合や対応、保育園への入りやすさ、公園や児童館などの施設の有無、地域や行政の子育て支援といった子育て世代が安心して子育てできるトピックを元に、大阪府の街を10か所厳選しました。 ここでは大阪府箕面市をよく知る住人が、街の治安と子育て環境のクチコミをご紹介します。 スポンサーリンク 目次1 大阪府箕面市の住みやすさは?リアルな街の環境1.1 箕面市の特徴1.2 箕面市の交通事情1.3 今後期待でき

さらに、箕面市では、「子育てしやすさ日本 一」を目指し、子育て支援環境を整備するとしている。 2) 基本理念 「箕面市新子どもプラン」では、「子どもが幸福に暮らせる まちづくりをめざして」を基本理念としている。 【大阪府箕面市】 ・128,952人(世帯数55,003世帯) ・就学前(0~5歳)児童数 7,361人(人口比5.7%) (以上、2012年3月31日現在) ・面積47.84k㎡ 【基本理念】 「子どもが幸福に暮らせるまちづくりをめざして」 【地域の特徴と課題】 箕面市は、大阪府北摂(豊能)地域に位置し、1956年12月に … 基本的には大阪市内に勤務する方たちのベッドタウンで、新たな世帯がスムーズに生活を営めることができるよう、子育て政策も充実しています。 また、箕面駅周辺は観光地としても知られ、 紅葉の時期になると多くの観光客が訪れます 。 箕面市の住環境.