それでは、スリランカの紅茶がおいしい理由と、スリランカを旅行中にセイロンティーを満喫できる方法をご紹介します♪. 紅茶の生産量、消費量共に世界第1位のインド。紅茶産地国として世界的にも有名ですが、インドで紅茶栽培が始まったのはいつ頃かご存知ですか? 中国のように紀元前からお茶の栽培をしていそうなイメージですが、実はそうではありません 品質のよい紅茶が生産される茶園の条件として、インド北東部のダージリン地区を例外として、インド、スリランカ、ケニアなどは熱帯、または亜熱帯地域の比較的高地で自然の霧が発生しやすい気候条件の地帯に集中しています。 お茶の栽培に適した気候. 日本で購入するほとんどの紅茶が外国からの輸入紅茶ですが、その茶葉は世界のどの国で栽培されているのかご存知でしょうか? 今回は「紅茶の生産量」を世界規模で調査し、生産量の多い国順にランキングを付けてみたいと思います。 紅茶 紅茶はイギリスで発展した飲み物ですが、イギリスで紅茶が栽培されているわけではありません。 栽培されていない国で発展するなんて、紅茶は面白い飲み物ですよね。 紅茶はそれだけ魅力的な飲み物であったという証拠です。 沖縄は、世界的な紅茶産地が形成する北緯30度以南の「ティーベルトゾーン」に含まれ、インド・アッサム地方とほぼ同緯度の北緯26度に位置しています。沖縄に降り注ぐ太陽の光は、日本の中でも特に紫外線が強く、紅茶に不可欠なタンニンを生成するのに最適です。 土と水. 日本におけるお茶の栽培は、北は秋田県から南は沖縄県までと、とても広範囲で行われています。しかし、秋田県や岩手県などの茶畑は、その大部分が自家用であるなど地場で消費され、商品として全国に流通することは少ないのが現実です。 紅茶はイギリスで発展した飲み物ですが、イギリスで紅茶が栽培されているわけではありません。 栽培されていない国で発展するなんて、紅茶は面白い飲み物ですよね。 紅茶はそれだけ魅力的な飲み物であったという証拠です。 栽培されると良い紅茶ができるといわれており,雨量の 多いことは重要な栽培条件の1つである.産地ごとに特 有の香りと味を有し,その地域の自然や気候と密接に関 わりを持っているため,紅茶の香りは産地の香りともい える. 2.2 品種 スリランカ産の紅茶がおいしい理由 スリランカの地形と気候が、紅茶の栽培にピッタリ! 標高が高めで、深い森が広がるエリア。 おいしいお茶の葉を栽培するための自然条件は幾つかあります。まず、「冷涼な河川の上流から中流の地域」であること。これは、茶葉が最も嫌う「霜」を川から立ち上る霧が防いでくれるからです。 気候. どのような気候が、お茶の栽培に適した気候なのかという事をかんがえてみると、まず、茶樹の生育には光、温度、水が必要です。 降水量は年間最低でも1300mm程度は必要です。 ケニアは年間を通して紅茶の栽培が可能な気候で、収穫された茶葉は色鮮やかで深い味わいと渋みがあり、フレッシュな香りを楽しめます。 フレーバーティーの主な茶葉の種類と特徴