世界で紅茶の生産量が多い国はインドやスリランカでしたが、日本を始め様々な国で紅茶は生産されているものです。 紅茶の産地によって味や香りが異なってくるので、今度紅茶を選ぶ際には産地を気にしてチョイスしてみましょう。 日本で多く目にするリプトン、トワイニングなどの紅茶もほとんどがブレンドされた紅茶です。紅茶も農産物ですので時期や年度によって出来が変わります。ですので同じ商品でも時期により違う産地の茶葉がブレンドされたりもします。1年の中でも違いがあります それにしても、日本にも紅茶の産地があるとは驚きでした。日本の紅茶も試してみたいです。 お茶の特徴 産地 紅茶 \応援にポチっとお願いします!/ にほんブログ村. 人気ブログランキング. 関連記事はこちら. 紅茶を松葉で燻煙した紅茶で商標ラプサンスーチョンの名で主に欧州で消費されています。生産量は少なく、福建省武夷山奥の江西省との境の桐木村産のものを正山小種といい他産地のものと区別していま … スリランカ国内には7つの産地(古くから有名な5つの産地+新しく独立した2つの産地)があります。 今日は、 手に入れやすい5つの主要な産地の紅茶を、標高の高い場所から順に解説 します♪ 特に日本では人気のある種類の紅茶だといえますね♪. 世界三大銘茶は、中国の祁門紅茶(キーマン)、インドのダージリンティー(Darjeeling)、スリランカのウバ(Uva)の3つの紅茶の産地を指す。 主に日本において高級紅茶に対して使われるキャッチコ … 日本人の食卓には欠かせない日本茶。 日本茶といえば、「宇治抹茶」がブランド化されて有名ですが、実は三重や岐阜など日本各所でお茶の生産地があります。 今回は、あまり知られていない日本茶の産地と、それぞれのお茶の味や特徴についてまとめてご紹介します。 「紅茶」と言えば、どの国を思い浮かべますか?ほとんどの人は、イギリス、もしくはヨーロッパの国を答えるのではないでしょうか。しかし、実は紅茶の主要産地は、ヨーロッパ以外が圧倒的なんです。実は、紅茶の生産量が一番なのは、イギリスでもヨーロッパでもなくインド!