「協力店・協力自治体」を検索できます。[利用可能 7:00~翌0:50] ・産廃排出協力店:小型充電式電池をご購入の際などに登録電気製品販売店等へお持ちください。 電動自転車歴10年以上。現在4代目バッテリーで走行中。しかし、バッテリーが捨てられず。3台をしまい込んでいました。30cm以内だけど燃えないゴミでもなさそうだし。処分手数料とかかかるのか?また復活する?暖かい時期が来れば使える!なんて考えて 自転車の廃棄 ... ちなみに、私が住む地域では自転車 (電動自転車のバッテリー 除く)は 資源ごみの日に出して良いことになっており、 引き取り料金は無料です。 まとめ. 自転車はゴミとして回収してもらうことはできない。 それに加えて、電動自転車には“バッテリー”も搭載されているため、通常の自転車とは異なるプロセスで廃棄しなくてはならないのだ。 バッテリーのリサイクル. 自転車って、買い替える時、引っ越す時にけっこう悩むんですよね。 自転車を処分しようと思ったら、粗大ごみでは引き取れないとか、防犯登録の証明書が必要とか。もしくは購入した時に捨ててください。処分を依頼してください。とか。もう買わないから困ってるってのに! バッテリーは環境のためにも必ず、廃棄処分ではなく、正しい方法でリサイクルする必要があります。 バッテリーのリサイクル方法は、自転車メーカーに依頼するか、一般社団法人JBRC(小型充電式電池リサイクルセンター)に依頼して回収してもらうのがよいでしょう。 廃棄による処分. 自転車のあさひの引き取り料金は、 引き取りのみの場合…1080円(税込) 新車購入して引き取りする場合…540