ゴジアオイという可愛い花があります。しかし、このゴジアオイという花は植物界のサイコパスと呼ばれているそうなんです。なぜこんなにも可愛い花がサイコパスと呼ばれるようになったのでしょうか?そこには衝撃的な花言葉もあったのです。調べてみました。 公開日 : 2018年12月16日 / 更新日 : 2019年12月17日 怖い花言葉(悪い意味、裏切り、嘘、偽り、嫉妬、狂気、死、など)をご紹介します。 花は出回り時期(周年、春、夏、秋、冬)ごとにまとめています。 古くから花色も花言葉に影響をあたえ、特に黄色い花には不吉な花言葉が多くつけられています。 青い花の花言葉24選!幸福から怖いメッセージまで揃っているよ.

《「怖い花言葉」 怖い意味を持つ花をご紹介!》 それぞれの花の名前をタップ・クリックすると、詳細ページにジャンプします。 (当サイトに掲載していない花もあります) アザミ「復讐」「触れないで」 鋭いトゲに由来すると思われます。 みなさんは藤の花を見たことはありますか。藤の花はどんな花でどんな花言葉を持つのでしょう。藤の花の花言葉には「決して離れない」「歓迎」「優しさ」「佳客」「恋に酔う」「忠実」があります。また怖い意味の花言葉も持つ藤の花ついてみていきましょう。 葵(アオイ)はアオイ科の植物の総称です。 アオイ科にはタチアオイ、ハイビスカス、フヨウ、ムクゲ、モミジアオイなどが含まれます。 京都の葵祭(賀茂祭)で知られる葵や徳川家の紋章の葵は、ウマノスズクサ科のフタバアオイになります。 すずらんの花言葉には6つのポジティブな意味がありますが、実は裏が怖いのです。また、日本では6つですが、フランス語や英語ではちょっと変わってきます。今回はすずらんの花言葉について正統派の意味と裏の怖い意味、フランス語や英語での違いを確認します 花言葉って聞くと、バラだったら愛のようちら素敵な恋愛模様を描いたものが多いイメージですよね。 しかし、花言葉には裏の意味つまり怖い花言 葉も存在するというわけです。. 中には意外な花にも怖い言葉があったりします。 この記事では、当ブログが厳選した「怖い花言葉20選」をご紹介します。花言葉のひとつひとつに解説を付けていますので、誤ってネガティブで怖い花言葉を贈ったりしないよう、是非参考にして下さいね。 花言葉に怖いイメージ、あまりピンときませんよね。ところが、いろいろ調べてみると怖い、というより「恐ろしい」花言葉をもった可憐な花があるのです。そこで今回は、亡くなることを意味する花言葉をお伝えします。