今回は、術後全症例の看護において縫合不全に対する予防や観察を身に付けるため、まだ縫合不全が起こっていない場合の、早期発見と早期治療に向けた看護計画の立案をしていきます。 5-1、看護問題. みなさん、こんにちわ。 看護研究科の大日方さくら(@lemonkango)です。 今回は、周術期の実習で必ず出会うであろう、術後疼痛の看護について解説したいと思います! 術後疼痛や急性疼痛ってどんな種類があるか学生の皆さん、ご存知ですか? 詳しく掘り下げて解説したいと思いますね! 全身麻酔は、不安から患者の心身状態を細かく観察し、何か問題があれば迅速に対処しなければいけません。 ここでは、全身麻酔に関して詳しく説明していますので、適切なケアを実施できるよう、看護師の方は是非参考にしてみて下さい。 心不全患者の看護展開と看護計画. 《術後合併症》 ・術後合併症には、後出血、創感染、縫合不全、ショック、循環器合併症(心疾患、急性心筋梗塞、不整脈)、呼吸器合併症(気道閉鎖、無気肺、肺水腫、誤嚥性肺炎)、消化管出血、急性腎不全などがある。 心不全の患者の看護展開展開では、まず以下のふたつの看護目標にフォーカスして、看護展開を行なっていきます。 自覚症状に伴って活動と休息のバランスを保ちながら、自身のqolを保つことができる みなさん、こんにちわ。 看護研究科の大日方さくら(@lemonkango)です。 周手術期では全身麻酔に加え、全身麻酔の効果により循環器の副作用があります。 そのため、周手術期や母性看護学での帝王切開適応された妊婦さんを受け持った際は必ず循環器のアセスメントを行う必要があります。 外科手術に関連した、縫合不全の恐れがある . 「術後合併症の時期は?何を見るの?」看護師になったら先輩から聞かれることです。その時答えられないことには、術後の患者さんをみることはできません。今回は、術後の患者さんをみるときに気を付けたい時期と行う看護についてお話しします。