観葉植物の水やりの頻度・タイミング. つる性植物の代表ともいえるアイビーは、星のような形の葉が愛らしい、人気の観葉植物です。学名でもある「ヘデラ」と呼ばれることもあります。葉色や斑入りのバリエーションが豊富で、寄せ植えやフラワーアレンジメントなどにもよく使われます。 生きるインテリア、観葉植物。枯らしてしまうのが心配…と初心者は不安になりがち。だけど水やりの方法が分かれば観葉植物は長く美しく生き続けます。動画を参考にしながら植物の水やりの方法を学びましょう。そして観葉植物を新しい家族の一員として迎え入れましょう。

アデニウムは、日の光と通気性の良い場所が好きなので、直射日光を避けた、日当たりが良く風通しの良い場所で育てましょう。可能であれば、4月~10月は屋外で育てるといいでしょう。 観葉植物アデニウム(砂漠の薔薇)の育て方 置く場所・日光. 観葉植物は室内でも育てやすいとして人気を集めています。しかし、観葉植物は水やりに注意しないと、枯れたり、根腐れを起こしてしまう可能性もあります。今回は、観葉植物の水やりの方法や必要な道具・頻度と水の量・水やりの注意点などについてご紹介していきます。 艶やかなハート形の葉が美しいポトス。丈夫なため、園芸ビギナーでも育てやすい観葉植物です。おしゃれなカフェなどで、インテリアグリーンとして飾られているのを見かけ、人気ぶりが伺えます。ここではポトスを例に、植物栽培の基本ともいえる水やりについて詳しく見てみましょう。 観葉植物は丈夫な性質でお手入れが簡単なため、「植物を育てたいけどあまり手間はかけられない」という人にも人気です。しかし、「水やりってどのくらいの頻度ですればいいの?」という疑問なのではないでしょうか。そこで今回は、観葉植物の水やりの仕方についてご紹介します。 頻度.

水やりの頻度としてよく言われる「土の表面が乾いたら」というのは、「乾燥しかけている状態」のことを指します。 水をやってすぐの土の表面は黒っぽくなっているかと思います。