「彼に拍手を送りましょう。」と言いたかったのですが、「拍手」の表現がわかりませんでした。基本的な用語なのですが、まだまだボキャブラリー不足を感じます。「拍手」に関する「拍手する」「拍手を送る」「拍手を受ける」などの表現を、早速、調べました。 「尊敬します」と告げたなら素直に喜んでいただけると期待までしていたら「尊敬は止めましょう」と云われてしまいました!なるほど、胡麻すりの手段としてや、親密になることではなく線引きに使うのに有効な場合が多いかもしれません。云


在するが、語用論的観点すなわち敬語の使用に関心を向けた理論研究は、研究史上に数え るほどしかない。しかし同時に、それら少数の研究は、現代的な語用論的観点と通じると ころが多く、詳しい検討に値する。

それでは、ご指摘のリスクを回避するため、プランCで決定しようと思いますが、よろしいでしょうか。 「敬服」 尊敬して服従すること。また、感心して尊敬の念を抱くこと。 例文) 御社の勇気ある決断は、誠に敬服に値するものと 「ありがとう」の気持ちが伝わる敬語・言い換え表現を紹介します。相手との関係や状況に応じた感謝の言葉やお礼フレーズをお伝えするのでご覧ください。お礼メールの文例も参考にしてくださいね。 「友人の行動には感心する」という時に使う「感心」はビジネスシーンでも用いることのできる表現です。ただし、使い方によっては失礼に当たることもあります。「感心」の詳しい意味と、使い方について解説します。目上の人にも使える言い回しもぜひ参考にしてみてください。 もっとも幅広く、直接「尊敬する」と伝えたい時に。 I admire you for your hard work. この本は一読(いちどく)に値する一冊(いっさつ)だ。 这是一本很值得一读的书。 彼の年収(ねんしゅう)は、私の10年分の年収に値する。 「感服」「脱帽」「敬服」のそれぞれの意味を詳しく解説し、細かなニュアンスの違いについてもお伝えします。ビジネスメールの例文も挙げて、注意点も紹介するので参考にしてくださいね。 その勤勉さに感心します。 admireは少し固い印象もあり、「賞賛する」のようなニュアンスになります。 「値する」のふさわしい使い方として最も分かりやすい例が「賞賛に値する」ですが、これと比べると、グループ、差別、除名・・・変でしょ? 判決文でも「刑」や「非難」に「値する」が続くことがありますが、どうも違和感があります。 ここでは「褒める」という言葉について解説いたします。 「褒める」は日常的によく使われる、ごくありふれた言葉です。日本人なら意味を知らない人はいないと言っても過言ではありません。 一方で、「褒める」と「誉める」のどちらが正しい漢字