人を知る者は智者と言える。 自らを知る者は明、即ち、物事を見分ける力がある。 人に勝つ者は力がある者であるが、自分に勝つ者は強い者である。 何事においても、足るを知る者は常に豊であり、志有る … 私はこれまで20年以上にわたって、数多くの方の家計相談を行ってきました。そして、お金能力のある人(きちんと貯蓄形成できている人)にはいくつかの共通点があることに気がついてきました。中でも、とても重要な「お金能力のある人の3つの習慣」をここでご紹介しましょう。 「足るを知る者は富む」とは、満足するということを知っている人は、たとえ貧しい状況にあっても精神的には豊かであるということ を意味することわざです。. 「足るを知る」という言葉は老子が言った言葉とされ、「既に十分満足であることを知っている」という意味があります。 世間一般では「足るを知る」単体の言葉として使われることが多いようですが、実は、その「足るを知る」にも続きがあるのです。 お金がない日々が続いて生活が苦しくありませんか? お金が貯まるようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 お金が貯まる人には共通した習慣や考え方があるようです。 しかし、お金に関・・・ 「貯まる人」に取材している中で、年齢や性別に関係なく共通している生活習慣があることに気がつきました。一見、関係ないように見える習慣や行動パターンが、どうして「貯める」「増やす」につながっているのかを考えてみました。【2018年10月更新】 ただし、「足るを知る者は富む」は、 「現状に満足すればよく、それ以上は何も行動しなくてよい」という意味ではありません 。