↑これがせきねさんのマーチのエンジンルームです(汚い&配線適当・・・)。 まず車の断熱ホースは車のエンジンルームを開けると、すぐに見つかります。 断熱方法は、エアコンホースをアルミでカバーするという簡単なやり方です。 ゴム管カバーは、diy用品を販売しているお店やネット、100均などさまざまなところで手に入ります。 こう考えるといずれにせよ低圧側配管の断熱がエアコンの作動を助けることにはなりそうが・・・後者(コンデンサ負荷軽減)の場合は、燃費などが向上するだけで、エアコンの効きは変わらないかもしれませんね。 ... あなたにオススメの中古車. カーエアコンは車には基本的に標準で搭載されています。車を使ってカーエアコンを使わない人はほぼいないでしょう。そんな誰もが使っているカーエアコンですがその仕組みについて知っていますか?ここではカーエアコンの仕組みについて説明したいと思います。 車内を一気に冷ます裏技&定番の暑さ対策をご紹介します。真夏、駐車してある車に乗り込む際は車内温度をなるべく早く下げたいもの。エアコン効果を高めて効率的に車内を冷やし、快適なドライブにで … 車のクーラーをかけるとエンジン内にあるクーラーの冷気が通るパイプが冷えますよね?思いつきですが、そのパイプに断熱材かなにかを巻きつけることで冷却効率は顕著にあがるのでしょうか?そもそもそういう方法はあるのでしょうか?ある エアコンの効きが満足ではない軽をいじります。 インターネットにある先人達の知恵を見るとどうやら「低圧側」の配管を断熱することでエアコンの効きが良くなるとの情報が出てきます。 普通の乗用車の場合、エアコンは運転席&助手席の前にしかないため、断熱材も1~1.5メートルあれば十分足りるんですけど、アトレー7はデュアルエアコンで後部座席にも風の吹き出し口があるため、エアコンの配管も後部座席のところまで延びてます。 「エアコンホースの断熱」とは? 「エアコンホースの断熱」とは何ぞや?って話ですが 実際にエンジンルームを見てもらえると何となく分かってもらえるかなと思います・・・.