志望動機と転職理由が混同してしまい面接で失敗してしまう人がいます。例えば、「志望動機を教えてください」と質問されているのに、「前職では上司の理不尽でした。正当に評価してもらえる企業が良いと思い、志望しました」といったように回答してしまうケー 転職理由1位は「業務内容」、2位は「キャリアチェンジ」 1位は「業務内容」。これには「今の仕事にやりがいを見出せない」といったネガティブなものから、「今よりも難易度の高い業務に携わりたい」「別の仕事内容に挑戦したい」といったポジティブなものまで含まれています。 志望動機と転職理由って、似ているようで違うもの。この記事では志望動機と転職理由の違いや、どちらをどう答えるべきかをやさしく解説しました。現役人事担当者が実例を交えながら徹底解説します。 転職するときに最も悩むことといえば、転職理由・退職理由です。ネガティブな転職理由を書くわけにはいきませんので、たとえ会社都合のリストラであっても、ポジティブな理由に読み替えて転職理由を考えましょう。ここでは、具体的な転職理由を掲載し、ポイントをご紹介します。 面接で退職理由を聞かれた時、あなたはどう答えますか?今の会社の嫌なところなど、面接官にネガティブな印象を与えてしまっているかもしれません。今回は、面接官が転職理由を聞く理由、納得する答え方などをご紹介。回答例もありますので、ぜひ参考にしてみ 転職経験が複数回あるうえに在職期間が短い人は、特に「同様の理由で退職しないか」という点をチェックされやすいでしょう。 社風に合うか 前職と同業種の企業に転職する場合、仕事内容だけでなく、職場環境や雰囲気も似ている可能性があります。