社会保険料に関しては以下のルールがあります。 原則その月の分を翌月の給料から徴収される; 社会保険の資格喪失日は退職日の翌日; 社会保険料は資格喪失日の前月分まで納める必要がある 間違いやすい退職者の給与計算 従業員が退職するときに、最後に払うお給料。すでに退職後のときも多く、出社していないことを考えると、間違いなくお支払いしたいものです。 そのときいちばん注意しなくてはならないのは、社会保険料の控除の方法です。 社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の支払いは、会社と従業員での折半です。会社は毎月、従業員の給与から保険料を控除します。では、月の途中で退職する従業員の給与からも控除するので … 社会保険料が2ヶ月分とられるケースがある. なお、月の「末日」に退職した場合は、翌月1日が資格喪失日となりますので、退職した月分までの保険料を納める必要があります。この場合は、給与計算の締切日によって、退職時の給与から前月分と当月分の社会保険料が控除される場合があります。 会社員の場合、退職日が1日違うだけで社会保険料(健康保険・厚生年金など)に大きな差が出ることをご存知ですか?私の会社でも、過去に「退職した月の給与から2ヶ月分の社会保険料が天引きされていたけど、なぜ?」という質問を受けたことがあります。 先月までと同じように控除した為に、退職した従業員から「社会保険料の控除が間違っている。多く引かれている!」といった電話が会社にあるそうです。保険料控除は給与計算の基本ですが、意外に間違いが多く、ごとう事務所でも多くの相談を受ける部分です。 では、どのような場合には�