配偶者控除は主に夫が働き、妻が家事を担う家庭を想定し、夫の所得税を安くする仕組み。 妻の年収が103万円以下なら、夫の課税所得が年38万円少なくなる(控除される)。 年収が103万円を超えると控除額は徐々に少なくなり、141万円以上だと控除の対象から外れる。 はじめまして。住民税のことで質問がございます。4日前に今年度の住民税の通知書が来ました。そこに書かれているのを見ると控除のところにいろいろと書いてあるのですが、『配偶者控除』『配偶者特別控除』というものがありました。実は まず私達が給与をもらった場合の税計算の基礎を確認しましょう。給与にかかる主な税金は、所得税と住民税です。 所得税の計算で、課税金額を算出する基準となる「所得」は、収入から給与所得控除を引いて求めます。 新しい配偶者控除・配偶者特別控除 新しい配偶者控除・配偶者特別控除は平成30年分以後(住民税は令和元年度分以後)適用されます。改正のポイントは2つです。 1.所得控除額38万円の対象となる配偶者の年収の上限が103万円から150万円に引き上げられる その他(税金) - はじめまして。 住民税のことで質問がございます。 4日前に今年度の住民税の通知書が来ました。 そこに書かれているのを見ると控除のところにいろいろと書いてあるのですが、『配偶者控除』 所得税・住民税算出方法をおさらい. 配偶者控除で5万戻るというのは、所得税の還付金と住民税の還付金を合わせた金額なんですよ。なので、税務署で手続きした所得税の確定申告ではせいぜい2万円弱となります。 じゃあ住民税は別途市役所などで申告しなければいけないの?