春を感じる和菓子のひとつ、桜餅。 ひな祭りや、お花見の定番ですね。 この桜餅、地域によって「道明寺」や「長明寺」とも呼ばれます。 でも、この「道明寺」と「長明寺」は、全く違うお菓子なんです。 今回は、桜餅の別名である、「道明寺」と「長明寺」の違いについてです。

桜餅は道明寺の桜餅と長命寺の桜餅があり関東と関西で違うのだとか。何が違うのでしょうか?桜餅の違いが気になるところです。また桜餅を食べる時に迷うのが、桜餅の葉っぱは食べるのか?というところ。そこで今回は、桜餅の道明寺と長命寺!関東と関西の違いは? 桜餅は関東と関西で呼び方が違う?和菓子の長命寺と道明寺の違いとは?桜餅の葉っぱははがすのがマナー?その疑問、解消します!長命寺と道明寺の由来、桜餅に使う材料や製法の違い、食感と味の違い、桜餅の葉の食べ方も含めて、わかりやすくお伝えします。 ひな祭りにも食べられる春の和菓子桜餅。 私は、桜餅というとクレープのような薄い皮で 餡子を巻いた桜餅を思い浮かべますが この桜餅は、関東風です。 桜餅には、関西風もありますので、その違いや 桜餅の葉っぱは食べるのか?を解説。
関西と関東のひなあられの違いで1番違っていて驚いたのは味でした。 甘いお菓子が食べたいときは関東のひなあられがいいかもしれません。 ちょっとおつまみにひなあられを食べたいなという時は関西の方が美味しく食べられそうですね。 今回は関東と関西で異なる「雑煮と餅」についての話です。正月に食べられる餅ですが「関東=角餅、関西=丸餅」という地域の違いがあります。また雑煮も「関東=すまし汁、関西=白味噌汁」という大きな違いがあります。

関東と関西には、うどんやおそばの"だし"にも違いがあることをご存知でしょうか? 今回は、そんな関東と関西の"だし"の違いについてご紹介したいと思います。 "だし"という表記について はじめに、この記事で使う"だし"という言葉の定義付けからしたいと思います。 関東と関西には、不思議な違いがたくさんあります。旅行や出張、転勤などで行き来すると、その違いに戸惑ってしまうこともありますよね。心に余裕を持てば、違いも楽しめるもの。本記事では「超不思議な関東と関西の違い15選【生活習慣編】」をご紹介いたします! 関西では、端午の節句の内容が違うんだ・・・関東で生まれ育ち、進学や就職、結婚を機に関西に移り住んで、色々と風習の違いに驚いたという人も多いのではないでしょうか。同じ日本で、同じ行事をするのだけれども、地域によって色々と風習に違いがあります。
関東住まいの友達が関西の方に行った所、初めてのお正月、お餅の食べ方に衝撃を受けたというのです。 そんな、 関東と関西のお餅の食べ方の違いはどうなっているのでしょうか? ということで今回は、 関東と関西でお餅の食べ方に違いがあるのか調べてみたいと思います。

風習やしきたりには東西で違いがあるものだが、5月5日の端午の節句もそのひとつ。関東では兜を飾り、関西では鎧を飾ることが多いようだ。他にもどんな違いがあるのか比べてみよう。 葛餅というお菓子。葛餅なのに「葛」を使ってないってどういうこと?関西の葛餅と関東の葛餅で、関東は「葛粉の葛」を使用していない?関西と関東の葛餅の違いを見比べて見ましょう。 もやパンダくず餅は関東と関西 関東人は大阪や京都は何となくわかるけど、ほかの関西地方は「?」状態の人が多いでしょう。そこで関西を理解してもらうために、関西の府県を関東の都県に当てはめたらどこになる?なんてやってみたいと思います。関東人の知らない、関西の府県の立ち位置がみえてくるかもしれませんよ。